人気ブログランキング |

ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 09日

定男さんと山へ!きのこを求めて!!

普段なら店長はまだまだ夢の中の朝9時!あれ、ちょっと霧雨・・不安です
桜台のローソンで定男さんと合流し、岩泉方面へ出発です!
定男さんにはなれたる道ですが・・岩洞湖を過ぎ、早坂峠までの間に
3回しかブレーキ踏まずに(あり得ねぇ~)ぶっ飛ばしていく定男さん・・ 
もう、付いていくのに必死でしたよ・・ 置いてかないで~
b0096052_16341725.jpg

早坂峠をぐんぐん上っていくにつれ霧が深くなり・・不安がつのるばかり・・
視界は前方15m・・定男さんの車に必死で付いて行こうと前のめりで
ハンドルにしがみついて運転。マジ怖かった・・道の脇はすぐ・・ガケ!!
↑のような倒木の第一ポイントに到着・・霧深し・・ ここは空振りでした。
b0096052_010580.jpg

尾根道から外れて下っていくと嬉しいことに霧が晴れ・・少し安心!
身支度を整え、行くぞ!と藪に分け入って沢へと下っていきます!
あまり持ち合わせのない運動神経を120%動員して浅い沢を飛び越え!
その先の藪へ・・ 定男さんが鉈をふるって行く手を切り開きながら↓↓

実に頼もしく突き進む定男さんですが、うっかりするとしなった枝や、笹が
ビュン!バシッ!とすぐ後ろをヨタヨタ進む店長の顔面を容赦なく!
さ、 定男さん! 狙ったでしょ今のは・・
足元も見えないので根っこや倒木につまづいてコケそうに・・油断でけん
b0096052_0142528.jpg

特別誂えの鉈を持つカジさん、ずしりと重く分厚い鉈は威力満点!
フードを被った定男さん・・ ジェダイマスターの様です・・オーラ出てます。

落ち葉が積もって腐れた足場はふかふかと気持ちイイですが安定せず、
湿ったところではズブズブとはまるので安易に踏み出せず・・ヤバイ汗が。
「ひぇ~」「ほひぃ~」と変な声を出しながら進むと当たりポイントへ↓↓
b0096052_0144017.jpg

ブナの巨木が倒木となりびっしりと苔むしてました。一昨日の雨でジュクジュクに水分を含んだこの倒木に「ブナハリタケ(白いやつです)」がみっちりと発生!キクラゲのような食感のブナハリをまずはゲット!おっしゃ~
b0096052_0145463.jpg

同じ木に「ムキタケ」も多量に!ムニュ~プリン!と独特の触感が・・
これもプリプリと摘み取って・・ 虫さんニョロリは惜しげもなく捨てます!
今年は気温が高めなのでせっかく発生しても虫さんに先を越され・・
b0096052_0151854.jpg

覚悟を決めて、ぐじゅぐじゅ濡れた幹に抱きついて裏側を覗き込んだら!
「サルノコシカケ」が!この大きさ位だと、3日程でムクムクと成長するんだそうです、一年くらいかかるのかと思ってました・・きのこってスゴイんですな。
b0096052_0152974.jpg

これは「タヌキの茶袋」成熟すると真ん中に穴があいて「ポフっ」と胞子を
煙のようにだすので「ケムリタケ」とも、木ではなく地上に発生するのは
「キツネのチャブクロ」=「ホコリタケ」だそうです。忍者ごっこに使えそう!
b0096052_0154154.jpg

皆さんも覚えてください!↑コレが「ツキヨタケ」です毒キノコですゾ!
写真のは老菌で黒いから見分けられますが、幼菌は「ムキタケ」と
見分けがつかない色形です!日本での毒キノコ中毒例の半数以上が
この「ツキヨタケ」だと言うことです

日本では古くから毒キノコとして知られており、『今昔物語集』では
「和太利(わたり)」という名で登場し、和太利による毒殺未遂事件が取り
上げられている・・ だそうです。古典的な毒キノコなんですな。
b0096052_0155382.jpg

見分け方!「ツキヨタケ」か「ムキタケ」か迷ったときは、傘の根元を
切ってみよう ↑↑写真のように黒い染みがあれば「ツキヨタケ」で毒!
b0096052_016760.jpg

↑↑こちらは「ムキタケ」黒い染みはありません!
定男さんに「誤って毒きのこ食べたことは?」と問うと
「なんでも試しておかなくてはと、色々食してみますよ!」 ですって!
「死にはしないですが、下痢・嘔吐が酷ければ1週間くらいですかね~
内臓がただれたようになって、具合わるいですよ」 って、試すんだ・・・
b0096052_0162091.jpg

↑↑倒木の上に発生した 「カワラタケ」 屋根瓦のようなので。
これも癌予防など免疫系の薬効があるそうです! そうと聞けばね!
b0096052_0163390.jpg

↑↑手の届かない高さに発生したかなりデカイ「サルノコシカケ」
これでも1,2週間で大きくなるそうです! すげぇ~
この写真のように、裏側が白いものは生きていて、黒くなったのは
死んでしまっているのだそうです。薬効成分は生きていないと期待
出来ないので、裏が白いものでなければ、飾りにしかならないとか・・
また、薬効成分は、水溶性なので、雨に当たっていると流出して
しまうのだそうです。 だから煮出して摂取するんですな~
b0096052_16353515.jpg

牧草地を歩く定男さんの脇にある足跡・・ これはクマのもの。 クマ!
マスター曰く、牧草地のクローバーが好きだから、草食べて、水飲みに
沢へ降りていくのに通ったんでしょ って僕らもその沢に向かって・・る?
そういえば連れてる犬「ゆうじろう」の姿が?「何かのにおいを追ってる」
え、「ゆうじろう」は北海道犬!クマ専門(ヒグマとか)の猟犬なんですと
まさか クマのにおいを追っかけて・・  やばいんじゃないの~~
b0096052_0183475.jpg

「ゆうじろう」戻ってきてくれて安心。また笹薮を踏み分け、沢へと降りて
いきます。朝から「ボリ」を狙っているのですがチラとも有りません。
「ツキヨタケが腐れるとボリが出てくるもんですが、まだツキヨなので、
このあとなんですかね?出れば一気にぶわっと出るんですがね~」
b0096052_0184818.jpg

沢を歩くタイガ少年。 このポイントはアップダウンがきつくて、店長は
足が上がらなくなってきました・・足あがらないとつまづいて危ないの。
b0096052_019138.jpg

沢から離れ、風通しがそこそこ、木漏れ日も僅かにある斜面で
「ここは香茸のポイントですから一生懸命においをかいで下さい!」
なにっ!香茸と!クンクンクンクンー、んー?香らないですね。残念。
仕方ないから「ツルニンジン」探しましょう! ほら、それ、そこ掘って!
b0096052_0192270.jpg

「ツルニンジン」ゲット! 日本では聞かない野草ですが、韓国では
高麗人参の代用品として高値で取引され、抗癌植物として認定されて
いるそうです!「伊東さん、あれ、チャングム見てなかった?出てくるよ」
「あ~、かのちゃんとマンガのやつ見てました、出てました?」
肺や消化器系の癌に効くそうです! 「焼酎に漬けて3年待ってね」
b0096052_0193873.jpg

「ほら、ここ、草もなくなってるでしょ、ここ鹿の寝床ですよ」
「はぁ、しかと見ましたが・・どこ?ねどこ?」
「ほらこれ(オレンジの点線部分)↑↓これ爪の跡、起きて爪をかけてグイッとこの向きで立ち上がったんですよ」
b0096052_0195962.jpg

b0096052_0201484.jpg

定男さんの野外授業は続きます・・(足、いい加減、限界なんですが・・)
これ、赤く紅葉してるのが「ツタウルシ」、触っちゃだめですよ!木漆より
かぶれが酷いですよ!この下を通っただけで敏感な人はかぶれます!
赤く紅葉してキレイだってゆうんですが、近頃、増えすぎて困ってんです
繁殖力が強すぎて この、コイツメ!コイツメ! コンニャロ~メ」

定男さんは「森の守り人」。毎日森に入って、森の息遣いを感じてる。
歩きながらもブナの木の下枝を落としたり、絡みついたツタを解いたり、
森を育て、世話をして、森からの恵みを分けて貰っている。
ただ、収奪しているだけじゃない・・ あこがれますな、もやしっ子としては。
b0096052_0202711.jpg

「伊東さんね、あの尾根を行きましょう、ずっと下っていくと楽しいですよ」
「へえぇっ!あれ・・降りていったらまた登ってこないと帰れないすよね」
「ええ、ええ。」
「それ、何時間コースです?」
「ええ、たっぷり5時間。」
「ふへぇっ! また今度っつうことで (ムリムリ限界・・)」
時計を見たら間もなく2時。あー帰る時間でホッとした!
どうですか、店長少しは毒出し出来た顔してますでしょ!!
b0096052_1374525.jpg

「ゆうじろう」 北海道犬、生粋のクマ猟犬 この面構えで1歳!
「群れない。媚びない。芸しない。」頭なでてもらおうなんて思っちゃない!
「ゆうじろう」のお陰で無事山から帰れます。 ありがとう。

さて、本日はすっかり足手まといでしたがありがとうございました。と
定男さんにお別れの挨拶をしますと、
「いえ、こちらこそ。 それじゃ私はもう少しきのこ探して・・」
と「ゆうじろう」を連れて、再び森の中へ!
「ゆうじろう」もトロイ連中が来ないからか、心なしか嬉しそう。

これから誰にも教えられない秘密の畑に行くんだね、定男さん。
背中に発信機、付けといたからね。 (写真撮った時にさりげなく)

by takupape4 | 2008-10-09 00:20 | ボス☆ライフ
2008年 10月 08日

ピーロート・ジャパン(株)特別試飲会 開催します!

来週の連休過ぎて、16日の木曜日! ヌッフにて
ピーロート・ジャパン(株)主催の試飲会を開催いたします!

飲食店を対象とした試飲商談会となります!!

「ワインを扱っている」もしくは「ワインを扱おうかな」という同業の
皆様! ぜひご参加を!!

飲食店じゃないけど、並みの飲食店にゃ負けないぐらい飲んでる!
という豪傑の方! 店長にご連絡ください!! 裏口入学で☆

----------------- 記--------------------

 開催日時  2008年10月16日(木)
           午後2時 ~ 午後5時

  開催場所  ヌッフデュパプ 
          盛岡市大通 2-4-22 4F
          (ヌッフのMAPへ)
  
  ご紹介商品  年末商戦に向けての特選シャンパーニュ、
          ボルドー、 各国推奨銘柄 約40アイテム 

  お申し込み ヌッフデュパプ 伊東、佐藤 まで
          019-651-5050 (14時以降、日曜可)
    
          *当日はお名刺をご持参くださいませ。


というわけです。

店長私見ですが、ピーロート社は母体がヨーロッパにあるデカイ企業です
「デカイ企業は胡散臭い」というワイン業界ならではの見方もありますが、
やはり資本がしっかりしていないと定温倉庫や定温輸送などワインの
管理面は難しいこともあります。 ピーロート社の在庫も膨大で、この規模
の在庫を抱えてられる体力 というのもメリットでしょう。

「価格が高いんじゃね?」この点については店長も日々戦っています!
それはもう腱鞘炎になるくらい電卓をたたきあっています!
価格交渉の同志が増えることはありがたいことです。立ち上がろう!!

でも、お付き合いしてずいぶん経ちますが、「状態悪いから返品じゃ!」
てことが一度も起きてないのも事実であり、そのためにずるずると
付き合いが長くなっているのかも知れません・・

まずは 飲んでみてください。

by takupape4 | 2008-10-08 00:56 | ヌッフのイベント
2008年 10月 07日

明日は山へ!

明日は山の達人!工藤定男さんと山へ向かいます!
昨日一日雨が降ったので、きのこ・・期待できるかな?

朝9時に定男さんと桜台で合流、外山か、早坂へ行くのかな?
気になるので一応

「定男さん、熊が最近ニュースでよく・・ ね」
「ああ、熊ね うん、いますよ 今、子育てに夢中だ」
・・・ 子連れの熊って・・ 一番ヤバイ? ・・・
「どんぐり食べるためにせっせと動いてるね!」
「えと、 大丈夫?  なの 」
「大丈夫大丈夫 熊だから、はっはっは」
「・・・・」

きのこはなんとか見つかるとは思うのですが・・
3時間の山歩き、もつのか・・ と
熊にバッタリで・・・  が、心配です。

飲食店店長、きのこを採りに山に入って、子連れの熊に・・・

by takupape4 | 2008-10-07 22:06
2008年 10月 07日

スシバー「Queue」本日の仕入れ

さて、本日 築地のミラクルバイヤー藤田さんが送ってくれたのは!
b0096052_16144135.jpg
クエ (九絵、アラ) 三重
いわずと知れた幻の高級魚!本日は体長30cm,体重400gほどの
かわいいサイズです!先日の3キロオーバーだと脂が乗って、鍋に
は最高ですが、ミニサイズは身質に透明感があって、刺身が☆☆
b0096052_16145664.jpg
赤ハタ   三宅島
「ハタ」一族(真ハタ、赤ハタ、アズキハタ・・)はどれもホント美味です
香港で珍重されるネズミハタのように中華の「清蒸」向きの魚だと
思い込んでいましたが、刺身が、刺身が、刺身がウマイ!!
赤ハタ今日はジャスト1キロなので、脂の乗りも過ぎずによろしいかと
b0096052_16152473.jpg
オコゼ  熊本
いや~なんともフォトジェニックな「オコゼ」です!色合い絶妙!!
先日のセミエビといい、神様のデザイン力にはほとほと感心します!
何事か訴えかけているというか なにか言い出しそうな表情!
「オレにも熱燗くれじゃ~」とか。 型が良いので刺身が絶品級☆☆
b0096052_16154072.jpg
ハタハタ  北海道
本場秋田でも貴重になってきているとか・・
それにしてもこんなにお腹がポッコリの美味そうなハタハタは
見たことない! これは焼きで・・ 酒が進むぞ!大七生酛を燗で!
b0096052_16161071.jpg
亀の手  鹿児島
来ました!磯の珍味「亀の手」!そういわれるとホント亀の手に
見えてきますが、これは甲殻類(かに、エビ系)なんです!
フジツボのように岩にへばりついています!塩茹でして、爪を持ち、
網アミのズボンを脱がすと、ペロっと身が出てきます!
かにとエビをたして割ったような見かけとは裏腹に美味なヤツです!
スペインでは「ペルセベス」と言って、高級珍味であり、強精剤でも
あります!コハク酸やタウリンを多く含み、疲れ知らずのオトコに!!
b0096052_16165780.jpg

大アサリ  愛知
だ~、デカイ!これアサリ?? 潮干狩りでこんなん出てきたら
腰抜かしますよ!! 年輪を数えると 7,8年は経ってるでしょう・・
これがいい味出すんですよ~☆ 大アサリのボンゴレ!絶品です!!
b0096052_1617980.jpg

さて、このビニル袋のなかにある物体は・・ 何でしょう????
答えは明日! さあ、皆んなで考えて!

とまあ、こんな格好で営業してますスシバー「Queue」!

マグロはほとんど入荷しないのですが、宮古直送の魚に、上の様な
築地の中卸直送の全国の近海天然モノが入れ替わり到着します。

白身の世界も濃淡、コリコリやらムニュムニュやらと一度知って
しまうと実に楽しいものです!! ぜひ味わってみて!!

by takupape4 | 2008-10-07 16:18 | Qeue de Neuf クードヌッフ
2008年 10月 06日

鳥居シェフのおすすめパスタ~☆

いや、「パコと魔法の絵本」 が想像以上に良かった!
・・涙が止まらなかった・・ 映画の2/3は泣いて、1/3は笑ってた。

パコを演じたアヤカ・ウイルソンちゃんの笑顔が、天使のようで☆

かのちゃんは「感動屋さん」なので オイオイと本泣き状態で・・
パパもティッシュ2枚はすぐにドロドロに・・ 目が真っ赤。

終わってすっきりしました! 涙もカタルシスなのね。たまには必要!
 ---------------------------------------

さて、「デカイ黒板の店」チャーリーズバーですが
メニューもすっかり秋バージョンへと変更されました!!
今日は、パスタをご紹介しましょう!!
b0096052_19325627.jpg

イタリア茄子とハマグリのリングイネ  ¥900
b0096052_1924670.jpg

トスカーナ州3cm幅広手打ちパスタ「パッパルデッレ」
きのことツナのきこり風トマトソース ¥900
b0096052_19242355.jpg

花巻石黒農場のホロホロ鳥挽肉とごぼうのアマトリチャーナ¥950
b0096052_19243946.jpg

山田さんの育てたフレッシュハバネロとすりおろしりんごの
ガチンコアラビアータ、エビたっぷり  ¥900

どれもイタリアンの醍醐味を活かした「ざっくり」とした作りですが、
それぞれの素材を味わえ、パスタの粉味を楽しめる という秀作ぞろい!

いや、鳥居シェフ!ばっちり才能ありますよ~☆ センスいいですね。
鳥居君との出会いも今年の重要な出来事のひとつです!

夜中の3時にコレ食べれるなんて! 夜更かしも得するもんです!!

by takupape4 | 2008-10-06 19:48 | チャリバのメニュー☆
2008年 10月 05日

堀尾和孝ライブ「アコギ1本勝負!」より その参

5日の日曜日はお休みです!

お昼はかのちゃんとお約束の「パコと魔法の絵本」を見に行きます!
「ポニョ」を見たときの予告編で気に入ったそうです。

パパは予告編を見ただけでグッと来てしまったので ヤバそうです。

夜は8日に誕生日を迎えるママの早めのお祝い!(プレゼント買ってない。)
ヌッフでささやかなパーティーを (またヌッフか、毎週だね!)

これからカジ ソムリエのバースデーパーティー(10/4生まれ)
カジも僕も同じ金星人+ です。来年は二人とも小殺界・・
何が待ち受けているのか・・

さて、今回の堀尾さんは 第一部の最後に演奏された「チャルダッシュ」
超絶の早弾きが展開されます・・目にも止まらぬ!!じっくり見てね!

あ~~疲れた。 すごいっしょ!

by takupape4 | 2008-10-05 01:09
2008年 10月 04日

鳴門の漁師 村公一さんに出会った!

うわさの「日本一の漁師」村公一さんにお会いする機会がありました!

金曜日のヌッフを放り出して、盛岡で唯一、村さんの鱸が入荷する
「ふじわら」さんにお邪魔しました。

30台半ばの村さん、がっちりした体躯に「エビゾー」なルックス!
全身からやはり特異なオーラを発散しておりました!

可愛いお嬢チャンを抱っこしているときは目尻も下がっていますが
漁や魚の話になると、聞きしに勝る「村公一節」が炸裂しました!!

「漁師は農家と違い海から収奪するのみ、しかも、漁師の優劣は獲れた量
で決まる。獲れる者が一番、それは明確。ただ、私はそれだけではない!
 私を育ててくれた「とらや」の親方に言われた言葉がある。
  「村くん、君の存在価値は 
            お客様が召し上がるたった三切れの刺身で決まる」
 これで全てが自分の生き方が変わった。 
 何を獲るのかが大事。たくさん獲るのが漁師だけど、漁師ではいかん」

すごい言葉です。身に詰まされます・・。

鱸の身になって思考する・・どんな状態が一番リラックスするのか
その状態で活け〆してあげないと体中にストレスが廻ってしまう

焼いていただいた村さんの鱸の尻尾の切り身、まっすぐに切ってあるのに
焼くと身が膨れて断面が盛り上がるんです・・ なんという筋繊維!!

物凄い覚悟をもって自然と向き合っている・・ こんな方がいるんですね!

「私がもてはやされていることがおかしい。日本全国に同じ感性を持った
漁師が育てば、藤原さんもわざわざ遠くから仕入れることもない。
わたしも遠くへ運ぶためのことをする必要もない」

「魚はその海で泳いでる状態で食べるんが一番」

「次の世代に私の思想を持った漁師が現れることを待ってるし、伝えたい
 これは技術の問題ではなく感性の問題だから難しい」

今、村さんが期待している若者が遠野におります。
民宿とおの の三代目、佐々木要太郎 さんです。 若く熱い男です。
ヌッフは「どぶろく」でお世話になっています。
これからぐんぐん伸びて輝いていくでしょう。 楽しみですね。

昨日は、村さんの鱸の昆布ジメ、鱸のあらでとった出汁で炊いた二子芋、
尻尾の焼き、鱸のリゾット どれもその味の濃さ深さには驚かされました。

また、貴重な出会いを経験しました。 ありがとうございました。
ひさびさに特濃エキスを注入されました・・ くらくらしますね。

by takupape4 | 2008-10-04 15:44
2008年 10月 02日

「週刊!岩手の森林きのこ」 10月3日号!

今週も定男さん自ら運んでくれました!
b0096052_2218266.jpg

アカヤマドリタケ (早坂高原にて)
今回も採ってきてくれました!コレうまかったんですよ!
アンコールしたかったんですよね!歯応え、香りがもう・・
ソテーにして、パスタにして 最高にウマイです!!
b0096052_22184957.jpg

オシロイシメジ (早坂高原にて)
名前のとうりおしろいをはたいたかのような色白で
足もすらり と長く、八頭身美人の美麗なるきのこ!
ソテーして。独特のヌメリのある食感が楽しめます!!
b0096052_2219947.jpg

香茸(こうたけ) (早坂高原にて)
松茸同様に発生数の低い高級きのこ!
香りランキングでは「堂々1位」の香り高いきのこんです!
これは香りを逃さずに、ソースに麺に絡めて染み込ませて と
パスタに仕立てるのが正解! マジでうまい☆☆
b0096052_22192271.jpg

ハタケシメジ (外山森林公園にて栽培)
βグルカンが豊富な免疫系健康食品として注目されてもいる
ハタケシメジ。じつに立派な育ちぶりです!
本シメジと同じく香り、味わい共に優れ、独特のシャキッとした
歯応えはさわやかに響きます! ソテーが美味しい☆

なんと定男さんに 「伊東さん、山に連れて行きたい、見せたいな~」
と言われ、つい「ぜひ行きましょう でも置いていかないで下さいね!」
なんてことになり・・ 来週の火曜日・・ 山に入ります。
無事に松茸を手に、下山できることを祈っていてください!!

 >大通りの飲食店店長、きのこ採りに山へ入ったまま・・

by takupape4 | 2008-10-02 22:42
2008年 10月 01日

殿様ネギ

佐々恵農園さんの「におい豆」が評判良く!あっという間に
完売していたのですが、ここ2日間、紫波に行ってばかりいて
仕入れを先延ばしにしてたんです・・

今日は紫波行きの予定がなかったので
浩之さんに電話したところ・・  「昨日で終わっちゃったよ」 ぎゃぼー
そういうもんです、失敗した。

それじゃあってことで  「あの時いただいた あの立派なネギは?」
「ああ、もう出荷始まったから、早くしないとね」 ふえ~~
「す、すぐ向かいます!!」

お昼前はすごく天気よくて、佐々恵さんへ向かう田舎道は気分サイコー
浩之さんにお願いして「土つき」指定で掘り出していただきました
b0096052_1840212.jpg

どーです、立派でございましょ
群馬県下仁田地方由来の『殿様ネギ』、品質極上の短太一本ネギです。
江戸時代「江戸の殿様に献上していたから」
「江戸の殿様が欲しがって至急よこせと書いた手紙が残っているから」
殿様ネギと呼ばれる いわゆる下仁田ネギ。 下ネタ・・ ではない。

さあ、最適焼き具合を探して食べなきゃ! (・・食べるのね。)

残念ながら「におい豆」をゲットし損ねたんですが、
「吉田さんのとこならまだあるんじゃない?」と浩之さん。
ああ、そうでした、晩生の青豆系の枝豆やるって言ってたっけ!

な、わけで 三本柳のサンファームまで!
「ちょうど良かった、伊東さんに届けようと今日、用意してた!」
なんてタイミング! 日赤の裏で迷ったかいがありました!!
b0096052_19215821.jpg

サンファーム吉田聡さんの「秘伝」豆 
青豆系 独特のほのかに青い香り、プルっとした豆の歯応えが
枝豆好きの「止まらない」スイッチを刺激してくれます!

枝豆を堪能する最後の2週間・・ 食べなきゃ! (また食べるのね。)

by takupape4 | 2008-10-01 19:34 | ≪ 美味求真 ≫
2008年 10月 01日

スシバー「Queue」 セミエビとの遭遇!

b0096052_10749.jpg

築地のミラクルバイヤーからこんなエイリアンが送られてきた!
なんとお名前は「セミエビ」! まさにバルタン星人なルックス!
ネットで調べると 「伊勢海老よりウマイ!」と豪語されているでは!
英語では「スリッパロブスター」と呼ばれ、伊勢エビ漁でまれにかかり
市場では希少品ゆえ伊勢海老よりも高値がつく! なのだそうだ。
b0096052_102164.jpg

透き通るような身の刺身は絶品でした!
見た目からプリプリですが口に運ぶとムニュルるり~ とその弾力!
伊勢海老ってにちゃつくような甘味が口いっぱいに広がるうまさですが
このセミエビはもっとエビ味濃い!むにゅり とした身を奥歯ですりつぶすと
甘みがじわ~っと染み出して、さらりと引いていく・・淡いのにコシがある
こんなに歯応えがあって、清らかで、旨味のある刺身は初体験!!
b0096052_103242.jpg

焼きはコレ、すげーウマイ! 旨味と甘みをたたえた身は
トロリととろける・・ 少ないですがこのミソがまた・・ 香りも最高!
b0096052_104574.jpg

パスタはリングイネ。 エビ味がまったりとからまって・・ 
もう、言うことない美味しさ! グロいヤツほどウマイといいますが
なんともバルタンなセミエビとの遭遇を喜ぼう!!

by takupape4 | 2008-10-01 01:01 | Qeue de Neuf クードヌッフ