ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 24日

ヌッフ 15周年記念スペシャルライブ!

b0096052_1344884.jpg
黄金井脩(こがねいおさむ)ライブ開催です!!
さあ、9月はヌッフの15周年記念月間!
ここまでラクラさん等のメディアでご紹介してきましたが、
いよいよ近づいて参りました!

ヌッフデュパプ 15周年企画 第一弾!
黄金井脩 スペシャルライブ
「アジアンジプシー」と呼ばれる黄金井さんをヌッフに迎えて、
ゆっくり飲んで食べながら生音の響きを楽しもう!という企画です!

ソロの弾き語りですが、オリジナルはもちろん、民謡からラテンまで、
さらにはマリアッチの経験まであるという!実にオンリー・ワンな方!
どんなライブになるのかワクワクしてきました!!

黄金井脩さんのオフィシャルホームページはこちら

黄金井さんのステージ、YOUTUBEでご覧下さい

    --- 黄金井脩 スペシャルライブ ------
 
   日時 2009年 9月 15日 (火)
   開場  18:00~
   開演  19:30~ (2ステージ 入れ替えなし)
   料金  3000円 (1ドリンクつき)

   *当日はライブのため貸切り営業となります

   チケット制ですので事前のご予約が必要です!
   ご予約をいただき、ライブ当日に受付にて
   会費と1ドリンクチケットを交換いただきます!!

   ご予約お問い合わせは ヌッフデュパプまで
   019-651-5050(14時以降 日曜可)

皆様のご参加をお待ちしております!!
   

by takupape4 | 2009-08-24 14:27 | ヌッフのイベント
2009年 08月 13日

園地巡回 自醸ワインぶどう栽培研究会に潜入!

自醸ワインのエノロゴである高橋喜和さんから
「うちの ぶどう栽培研究会に参加されている15軒の農家さんの園地を巡回するのですが、伊東さん参加されます?」
と嬉しい電話が!金曜日ではありますが・・ 断わるはずも無く!
ダボハゼの如くなんにでもすぐ食いつく伊東、カジさんと2人で潜入!
b0096052_22162686.jpg
自醸ワインを支える、15軒の農家さん大集合!
高橋さん、吉田さんと農家さんを巡回するんだと思っていたんですが、そうではなく、研究会の皆さん15人と普及センターの方、JAの方を加えた全員で各農家をラウンドして、仕立て方や房の状態をみてお互い意見交換をしたり、病虫害の究明や対策を実地で見て回るという、実に「真剣」な園地巡回でした!そんな中に・・ 伊東みたいなのが混ざって・・ 異物感ありありの朝9時半の集合でした・・ 高橋さんにご紹介いただいたのですが、皆さん一様に、「はぁ? ぬっく じゅ?ぱ?ぷ?・・何?」みたいな・・
 慣れてますよ! 第一印象は大事です!  (いや、 だから・・・)
b0096052_22163516.jpg
工藤幸一郎さんの園地
棚造りのカベルネフラン。 棚造りってちゃんと見た事なくて・・ ワインって言えば「垣根でしょう!」みたいな感覚があったから、ちょっと下に見ていたんです・・ すいません。。
でも棚造りの上手な畑って、ちょっと感動しちゃいます!葉っぱの天井はきれいに敷き詰められ、房がぶら下がってくるのがずらーっと並んでると芸術的にすら!丁度顔の位置に房がくるので、作業性も高そうだし、棚の中は日陰で涼しく、風通しが想像以上にいいんです!
b0096052_22281830.jpg
木漏れ日を浴びて育つフラン。ちょっと房つきの数の多さが・・ ですが、これからが摘房の時期。良いワイン造りのために、ここはひとつバッサバッサとやっていただかねば!
b0096052_0102323.jpg
半田文男さんの園地 棚造りメルロー  
ね、趣があって素敵でしょ!マイナスイオン出てますよ!
b0096052_0103348.jpg
メルローもすくすく!今時期の青く、硬い果実を口にしても美味しくなんてありません!固くてシャリシャリで、渋くて酸っぱくて、種を齧ろうものならニガ~~ ぺっぺっ て具合です。
栽培長の吉田さん曰く「糖分が作られてないから、美味しくは感じられないですが、それ以外の苦味や渋み、味わいの骨格や、酸のありようは今時期で決定されるんです!だから今、苦くて酸っぱくなきゃ。ここで味無いのは、熟しても美味しくならないんです!」
ほええええ~ そーなんだ なるほどね! しかし苦いね・・
葡萄の房に白い点々が付いてますが、これはボルドー液(硫酸銅)。ベト病の予防に噴霧されます。農薬にはカウントされない天然成分。以前、故 富永先生のセミナーの中では、ボルドー液の銅がソーヴィニヨンブランの香気成分を消してしまう恐れがある・・ なんて話されていたのを覚えてます。 やり過ぎは ね。
b0096052_22282981.jpg
籠澤守さんの園地  垣根造りのピノ・ノワール
いや~ん、ピノです!この娘には熟してもらわねばね~。なかなか色付きが難しいのだとか・・ クスダの浩之さんはサクランボができるならピノも色付くはず!って言ってたから、夜温の下がる場所ならば!
いや、頑張れよーっと 思わず ナデナデ スリスリ (病気移るから!)
b0096052_22284255.jpg
ぶどう畑の周りにバラが!ブルゴーニュみたい!バラと葡萄の樹は性質が似ている(同じバラ科)し、樹に寄生する病害虫も似ていて葡萄よりも一足先に病気に罹るから、健康状態を観察するために植えるんだ、なんて話も聴きますが、何よりもいいもんです。 お洒落だわい!
b0096052_2229457.jpg
富山司さんの園地より
このV字型の仕立ては「マンズレインカット方式」なのだそうです
写真のとおり、V字に開いているため、中心にまで光が届き、湿気がこもりにくい、雨よけも装着できるという!初期投資はかかりますが、高機能のスグレもののようです。
b0096052_22302723.jpg
吉田耕一さんの園地
斜面にある棚作りの畑で、ピノノワールを造られてます傾斜地なのですが、地下水が染み出すとのことで、一部を土壌改良のため、フルーツパークと同じように流木のチップを漉き込んだりしているそうです。
改良の成果は樹をみると明らかに出ています。節のコブが太く、葉も立ち上がり、栄養がいかにも行き渡っているんです!
b0096052_22301896.jpg
ピノ・ノワールです
すごい理想の形!まさにピノ!松ぼっくりの形です!感激しました!
しかも雨よけのカバーまでつけてもらってる!箱入り娘です。
b0096052_22304156.jpg
b0096052_22305222.jpg
b0096052_2231316.jpg
b0096052_22311387.jpg
b0096052_22315147.jpg
b0096052_2232357.jpg
b0096052_22321448.jpg
b0096052_22342688.jpg
b0096052_2234363.jpg
b0096052_2234479.jpg
b0096052_22345665.jpg
b0096052_2235517.jpg


by takupape4 | 2009-08-13 00:00 | ボス☆ライフ
2009年 08月 12日

有朋自遠方来 不亦楽

b0096052_163779.jpg
田部和広さん
伊東が有楽町西武「酒蔵」にて酒修業の日々を過ごしていた頃に出逢った盟友です!同い年の彼は、当時六本木の「THE BAR」でチーフを務めておりましたが、その切れるセンスは、同世代のバーテンダーの中では群を抜くものでした!破天荒なところも含めて。
20年前、超レアなモルトを求めて、単身スコットランドに乗り込んで買付け、輸入をやってのけた!今では珍しい事ではなくなりましたが、その先鞭をつけた男です!よく一緒に飲み歩きました・・
ずっとお互いに音信不通だったのですが、春に大槻ちゃんの「BAR オーパ」でたまたま隣りになったお客様と田部の話題になって「BAR 霞町 嵐」のオーナーだと知り、4月に20年ぶりの再会を果たしました!
「BAR 霞町 嵐」は内田裕也邸の地下にある小粋なBARでしたよ!「夏には盛岡に行くからね」なんて言って別れたのですが、土曜日の夜に「明日、車で行くわ。」なんて突然の登場!ミニのコンパーチブルで高速を飛ばしてきた! 彼らしい。
2夜に渡って「ヌッフ」と「クー」をたっぷり堪能いただく!
「伊東ちゃんのやってることは正しいよ!東京に持っていこうぜこの店 このまんま!」
お世辞は決して言わない男だけに、お褒めに預かり光栄だ。
〆はホルモン好きだというのでHAKOでマウンテンと濃厚な冷麺で!
「盛岡ってすてたもんじゃないな!いや、失礼、楽しかったよ!」
いや、すばらしき友人です。

by takupape4 | 2009-08-12 16:46 | ボス☆ライフ
2009年 08月 12日

せっせとラベル貼り!

いよいよオリジナルワインの販売開始に際して9日の日曜日に
ラベルも手貼りして来ました! 愛着が増しますね!!
b0096052_14504319.jpg
自醸ワイナリーの一角をお借りして貼ってきました
b0096052_1450519.jpg
指導していただいたのは自醸ワインの佐藤大樹さん!
あーでもない、こーでもないという伊東の我儘なリクエストに辛抱強く耐え・・ラベルデザインを実際に起こしてくれたのも大樹さんです!
「今度ご馳走するからね!」という根も葉もない言葉に貴重な休日をささげてくれる、と~ても愛いヤツです!
b0096052_1451019.jpg
ボトルの中心と貼り位置を決めて
b0096052_14511025.jpg
むにょり~と手貼りします
b0096052_14511935.jpg
裏ラベルも忘れずに!
b0096052_14512896.jpg
むむむ・・・ 曲がってる・・・
「大樹ちゃん!コレおかしいんとちゃうか!」
「いえいえ、伊東さんの心根が曲がってるんです!」

・・・ ご馳走するの止めときます ・・・

お忙しい中、カメラマンをしてくれたエノロゴの高橋さん、恐れ入ります!
出来上がった3ケースのヌッフワインを車に積み、冷房最強で盛岡へ!
いろんな方の想いが詰まったヌッフワイン! お楽しみください!!

by takupape4 | 2009-08-12 14:51 | ボス☆ライフ
2009年 08月 11日

ヌッフオリジナルワイン (白ワイン) 発売開始!

b0096052_1782145.jpg
IWATE Riesling Lion 2008
いわてリースリング・リオン 2008 ¥3300
紫波の「自醸ワイナリー」とヌッフのコラボレーションワインが遂に出荷の運びとなりました!春にワイナリーへ伺った時に、タンクからテイスティングさせていただいたものから選抜しました。
品種は「リースリングリオン」、欧州系のワイン用品種リースリングと
日本固有の品種、甲州三尺を交配させた白葡萄品種です。
自醸ワイナリーの契約栽培農家の一人である福田美加子さんの畑で
収穫されたリースリングリオンを、高橋喜和醸造長が醸造しました!
このキュヴェを特別に「非加熱」「無ろ過」でボトリングしていただき
その繊細な品質を保つために、ワイナリーからヌッフのセラーへと直接に「蔵出し」していただきました!
栽培→醸造→流通→品質管理を一本化して、美味しい岩手のワインを
楽しんでいただくためのコラボ企画です!

舌の上でピチピチと弾けるようなフレッシュ感!
透明感があって、レモンのようにキレのある酸味、
すっきりと清涼感のある後味は、魚貝類や、
野菜料理との相性も抜群です!
岩手の澄みきった自然を表現した味わいに
仕上がりました。 ぜひ、楽しんでください!!
b0096052_17434518.jpg

福田美加子さんの畑のリースリングリオン!今年も順調です!
先々週の長雨がたたって、赤沢地区でもベト病が心配ですが、
写真のとおり、健全に育ってます! 8月7日撮影

by takupape4 | 2009-08-11 17:08 | ヌッフのメニュー☆
2009年 08月 06日

五枚橋家のブドウたち! すくすく育ってます!!

b0096052_03237.jpg

6月24日撮影  葡萄の花と感動の初対面でした・・ 可憐です!
b0096052_03139.jpg

6月29日撮影  花と、蕾と、受粉してムクリとなってきたのが混在!
b0096052_0321100.jpg

7月10日撮影  もう葡萄らしくなってきました!あっという間に
           まだ一房の中のばらつきが目立ちますね。
b0096052_03314.jpg

7月15日撮影  ぐんぐん枝も伸びる時期。果実も少しづつですが
           充実してきてます! 「がんばれ!」と思わず。
b0096052_033967.jpg

7月28日撮影  「うわっ!」もうムッチリしてるじゃん!
           ちょっと間が空いたらびっくりの成長具合。そおっと
           さわってみたら、まだ硬く、青い、未成年でした。

五枚橋ワイナリーのメルローです。定点観測だ!と意気込んでいたのですが、毎回、どの樹だったかあやふやで・・ (こういうところがダメなんですよ!)それでも順調に育っているのを見るのが楽しみです!
お盆を過ぎると枝の成長が止まり、その分の栄養がいよいよ果実に廻って、色づきも始まるようです!
また見に行かなきゃ!

さんさ屋台もお蔭様で無事成功!(日曜日の雨は恨めしかったな・・)
ソーセージもキュウリも完売できました!!
三田商店様には感謝であります。 またよろしくお願いいたします。

by takupape4 | 2009-08-06 00:04 | ボス☆ライフ
2009年 08月 04日

夏きのこ  盛ってます!

「北海道・東北 倍の雨量」なんて見出しが今朝の新聞に!
7月の日照時間が平年の6割だなんてショッキングな記事も・・ 
大事なコメや葡萄の出来が心配になるニュースです。

そんな雨が一方で恵みの雨となる・・ 山のキノコです!
b0096052_12101786.jpg

「拓郎さん、アカヤマドリが採れました!」
定男さんの誇らしげな電話の声に小躍りしながら階段駆け降りて!
日活ビルの脇道に停めた定男さんのワゴンのドアを開けると

大きな笊に目いっぱいのアカヤマドリが、どか~~んと大量!
「ギャ~~ なんじゃこりゃ、すごいッスね!!!」
ブワ~ンと濃厚な香りが、車中に満ち満ちて!鼻毛も大満足!
「すごいでしょ、日本のポルチーニです!」
b0096052_12172321.jpg

アカヤマドリタケ
信州辺りでは「アカテング」などと呼ばれる大型のイグチ科のキノコで、松山や松混じりの雑木林に発生する、初夏から秋にかけての食菌 とのことです。
この近い種に「ヤマドリタケモドキ」というのがあって、こちらがいわゆる、イタリアでポルチーニ、フランスでセップと呼ばれるものに相当するのだとか。
アカヤマドリは色が赤いだけで、香りや食感はまさにポルチーニ!
軸は少々モサつきますが、傘の部分はねっとりと官能的です!
b0096052_12412154.jpg

ヌッフではこんな感じにソテーします!
オリーブオイルで炒めて、上がりにパセリを放って、バターを僅かに!
香り最高!味抜群!夏のキノコを是非!!
b0096052_12434138.jpg

タマゴダケ
名前の如く、こんな繭状の殻を破って発生するなんとも面白い生態のキノコ!
毒々しい色のキノコはヤバイ!という概念を裏切ってくれるきのこ。

by takupape4 | 2009-08-04 12:21 | ヌッフのメニュー☆
2009年 08月 04日

45歳となりました・・・

昭和39年8月1日・・・ 45年も前の事になりました!
全っ然、実感ないです。

まだまだ波乱万丈・・ 前途多難・・ 平穏とか安泰という言葉は
ポケットを全部 裏っ返しても出てきそうにありませんね。
生きてる限り最前線。

先日、Odexの森社長とお話しする機会がありました。
下着も靴下も身に着けない生き方に行き着いたのだそうです!
「伊東さん、身に着けるものは少ないに限るよ。」
還暦オーバーの大先輩の言葉は身に沁みます。

この間、こんな言葉に出合いました 「放下着」 ほうげちゃく 
と読むのです。 捨ててしまえ!ってことのようです。
地位も、身分も、立場も、貯金もですか
捨ててこそ、捨てなければとらわれ続けて見えて来ない・・
本当の自分に逢えない・・

恐ろしい言葉です。 震えます。 憧れます。 すくみます。

あの店が流行ってるらしい、あんなメニューが当たってるらしい・・
あの食材が、あの調味料がすごいらしい・・
どんどんメニューは増えたけど
ワインも日本酒も焼酎もあるけど    ヌッフって 何? 

でも、山や畑に出て、陽を浴びて、雨の中を歩いているうちに
なんか研がれてきたようにも思えるんです。
自分の内側から真に 「ああ、これいいな」 と思えることがあるんです。
この湧いてくる感覚を頼りに行けば良いのかな?

まだ半分くらいしか意味がわかりません。

とらわれず、執着せず、ありのままに  
       いや、難しい。
まだまだ修行の道半ば  ってところでしょうか。

もがきくるしむ45歳、見ものですよ。
最高のショーが幕を開けようとしています!

ヌッフにお出かけください。 
b0096052_12439.jpg
アザミの花が一輪咲いていました。
すっと背筋を伸ばして、太陽に向かってまっすぐ咲いていました。
こうありたいと願いながらシャッター押しました。

by takupape4 | 2009-08-04 00:55 | ボス☆ライフ
2009年 08月 03日

「しんこ」の季節

b0096052_15182772.jpg

来ました!「しんこ」 江戸前寿司の夏の華です!! 
b0096052_15183752.jpg

ほんとに金魚サイズ! 体重わずかに5g!
1キロ仕入れると・・ 約200尾!
b0096052_15184580.jpg

仕込みがこれまた骨の折れる作業・・
背びれを落として→ ウロコを剥いで→ 頭とハラを出して・・
こんなちっちゃいのにウロコもしっかり付いてるし(当たり前!)
あわてて強くしごくと腹の身が切れちゃうし・・
神経も使うし、時間もかかるし、腰も痛くなるし・・
b0096052_15185864.jpg

雑な伊東の仕事にしては美しいもんでしょ!
でもこればりやるのに小一時間かかってるから・・ プロはすごい!
b0096052_1519844.jpg

ここから先はシロウトには無理! コウちゃんにバトンタッチ。
いや、板前仕事は見事です!
b0096052_15191939.jpg

この極小サイズを開いて、骨だして、中骨引いて・・ 
もの凄い集中力とスピードで捌いていきます! カッコええ!
b0096052_15192785.jpg

身が薄いので、塩漬けも酢漬けもほんの一瞬!
1カン握るのに 3尾つけます!
もう、噛み締める必要は全く無く、舌の上で溶けていきます・・
口中にふわ~~っといい香りが漂って消えていく・・
たまりません! 「粋」の極致! 華ですね!
この時季にしか食べられない「しんこ」 出会えたらぜひ!

「しんこ」情報も含めた「スシバーQueue通信」携帯メールで配信中!
配信希望は takupape2@docomo.ne.jp  まで!

by takupape4 | 2009-08-03 15:19 | Qeue de Neuf クードヌッフ
2009年 08月 01日

さんさ屋台 de Neuf

本日より四日間、「さんさ祭り」が開催されます!
去年に引き続き、「ヌッフ屋台」登場します!!
今年は日活前ではなく なんと!

中央通り三田商店さんの軒下を借りることとなりました! スゴイ!
岩銀本店の向かいですから、さんさ会場のド真ん中!
b0096052_15114632.jpg

こんなロケーション!祭りが始まると、息もできないぐらいのものスゴイ人通りとなるホットスポットです!
b0096052_1511582.jpg

今年のウリはこの自家製ソーセージ!
白金豚のウデ肉と背脂を使った「リアルソーセージ」です!
味付けは塩コショウのみ! まさに白金豚100%の本物!
極太で、食べ応えあり過ぎるほどの逸品です!
ビールとともに!
b0096052_15483497.jpg

自家製ソーセージだけに・・ いく度かの失敗、いや経験を重ねて到達したのですが、やむなくボツとしたソーセージ・・ そのままでは出せない・・・のですが、
 「じゃ、うちのナッツトマトと串に刺して焼けばいいじゃん!」とは
たまたまスシバーにいた佐々恵の浩之さん!
 「おお!それもらった!!」
というわけで、「ナッツトマトと白金豚の串焼き」が誕生しました!
脂が分離してしまい、肉肉しいまでのソーセージに焼けたトマトのジュースがもぐりこみ、包みこみ、最高のソースとなります! ひょうたんから駒!の絶品ちゃん!
b0096052_15403541.jpg

そしてこちらは 「佐々恵農園のキュウリ1本漬け」
「 J 」字型に曲がってしまいセカンドラベルとなったものの、
「味は保証するぞ!」という不遇なキュウリ君を、出汁とワサビの香りを利かせた浅漬けに! 
ポリポリ止まらないキューちゃんです!!
b0096052_18183269.jpg

ドリンクは
サッポロ エーデルピルス   アサヒ バスペールエール
(ベアレン様にはやんわりと断わられ・・・ )
去年好評だったワインクーラー スイカのフローズン
そして
大人の皆様にぜひ楽しんでいただきたいのが モヒート!
b0096052_18184769.jpg

屋台とはいえ暑苦しいまでのコダワリ満載の 屋台 de Neuf
皆様のお越しをお待ちしております!!
b0096052_1819387.jpg

かのっちはキッズ隊で出発です!

by takupape4 | 2009-08-01 15:12 | ヌッフのイベント