ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 17日

五枚橋ワイナリー、芽吹きを迎えて! そして吉田聡さんのサンファーム!

これは5月14日の記録です!
前日の13日、ジプシー部隊6名編成で、五枚橋ワイナリーへ草取りに
行ったのですが、おバカさんだから・・カメラ忘れてしまい・・
(ブロガーの自覚が足りない・・いや、昨夜も美味なワインをつい・・)
翌日、写真だけ撮りに・・アホやわ・・ でも、だって!
葡萄たちが芽吹いているんですもん!!これは撮らなきゃ!
b0096052_23373379.jpg

いつものように「おはよう~♪」と声をかけながら畑に足を踏み入れたら
「ぎゃ!、ぎゃぎゃぎゃのぎゃ!! 芽が、芽吹いてる~~!」
b0096052_23523836.jpg

メルローです、もうこんなに伸びてる!
4月29日以来、間が開いてしまったからな~。 失敗しました!
一週間早ければ、ジャストで立ち会えたかも・・ 
b0096052_2337557.jpg

コチラはカベルネ。早熟のメルローとの差は歴然!
これを見れば一目瞭然!実感できますよね!
本読んで「お勉強」!なんてヤメたが良いね!書を捨てて畑に出でよ!
(またしても問題発言!協会から刺されます。  それもカッコいいね)
b0096052_23382644.jpg

まっすぐに立ち上がったカベルネの新芽!美しい! 食べたい!!
(こら、ここの新芽は食べちゃだめだろ!この新芽フェチめが!)
は~い、芽かきまで我慢します。
「芽かき」終わったらメニューに載るかな?
『五枚橋ワイナリーの新芽の天ぷら カベルネ&メルロー食べ比べ』
  なんてね

さて、しばらく畑でぼ~~っと日向ぼっこでも!なんて思ってたんですが
天気が思わしくなく、寒い。 寒い、寒い~~ので街に下りることに。

そこで思い出したように『サンファーム』の吉田聡さんにTEL TEL !
「もしも~し、今日はどちら?」「日赤の裏でさくらんぼやってます!」
「了解しました!今から向かいます!!」
b0096052_23385247.jpg

聡さんとこ『サンファーム』のさくらんぼ園。
凄い!屋根かかっててハウスになってますよ!!
たまに雹害が発生するので、屋根のビニールは厚さが倍!

紫波のフルーツパークのような棚作りではないので、作業も大変。
正面の幹のゴツイやつで30年位なんだそうです!『 V.V 』だね!

この環境は、玉の大きな上質の果実を安定して収穫するために
たどり着いた答えなんです。コストと成果のバランス感覚が大事。
b0096052_2339375.jpg

もうこんなに膨らんできてる!サクランボは一つの芽から花が4つ咲きます、受粉の精度によりますが、1~3個くらいが結実するそうです。でも全部に実を付けると、実が大きくならないので、1つしか残さないのだそうです。この日はまさに摘果の作業日でした。
b0096052_23391529.jpg

ネットに産み付けられたマイマイ蛾の卵、困ったやつ等です!
この夏の大発生も止められないでしょう。 岩泉でも問題でした。
b0096052_23392965.jpg

聡さんとツーショット。実に博識で、人間味のある畑の哲学者!
「佐々恵」の浩之さんもそうですが、現代の農園の経営はホントに馬鹿では無理。土壌や気候、作物の知識はもちろん!病害やその対策、さらに資材の相場や、果てはマーケティングまで!まさに全方位の知識が無くてはお話にならないってんだから・・ そんな聡さんとの会話が面白くないワケがない!「トータル・エコとは?」なんて話し始めたら終わらない止まらない♪ 大好きですねそんな時間が!
b0096052_23394087.jpg

こちらはサンファームの主力のひとつ、『枝豆』の圃場です!
30アールのこの畑、数か所ある枝豆畑の一つです。
熱烈なる「枝豆LOVER」の伊東にとって、サンファームの枝豆は
夏を乗り切るための大事な主食です!
b0096052_2353582.jpg

その圃場に立って、ふと振り返ると、正面に!
おお、五枚橋さんの畑じゃないですか!!思いっきり真正面ですねー。
「うん、五枚橋さんが畑に出てるのがわかりますよ~」 面白いな!
b0096052_2347116.jpg

ここは聡さん家の育苗用のハウス。サンファームの未来が詰まってる?
b0096052_23472112.jpg

これが枝豆の発芽したばかりの姿です!
豆の形そのままの双葉ちゃんがカワイイっすね!だから、この双葉が
ハトやキジの大好物なんだそうです! 大きくなってから食えよ!!
なので種では播かずに苗に育ててから定植するんだそうです!

次のジプシー部隊のミッションは枝豆苗の定植になるかも!?
枝豆クン達よ、夏にはまた機関銃のように食べまくってあげるからな!!
b0096052_23473445.jpg

プール育苗。 こんなの初めて見ました。 聡さんの解説に
ふーん、へぇー、そうなんだーと返すのみ。 知らないことがありすぎる。
b0096052_23474444.jpg

この写真のどこかにキジが写っているハズなんですが・・
黒い体に真っ赤な鶏冠、想像以上のスピードで走り去る姿を・・

山で見たカモシカの疾走や「ゆうじろう」のプーマジャンプもそうですが、野生の動物が瞬間的に見せる命の躍動って、衝撃的です。圧倒される。

都会に暮らす人間・・とりわけ「もやしっ子」の伊東なんかはその典型ですが、いつしか飼い慣らされてしまっているってことなんですね・・ 野生のアンテナがすっかり退化してるんでしょうね。
生えてこないかな・・ アンテナ。

by takupape4 | 2009-05-17 00:15 | ボス☆ライフ
2009年 05月 16日

Qeueu クー・ド・ヌッフ 再開しました!

先月の20日から、板前コウちゃんの体調不良のため
一月近く、休業しておりましたスシバー「Qeueu de Neuf」を
本日より、再開させました。

コウちゃんの体調もなんとかツケ場に立てるほどに回復し
(重度の腰痛に気管支炎も併発して・・ 豚インフルじゃないよ~)
築地からの荷物も届きました!

長いお休みで全てを失くしてしまったような・・
今度こそ!の気合をもって、イチからやり直す覚悟です!

寿司屋のようで寿司屋で無いような・・
一風変わった「Qeueu」にはやっぱりコウちゃんのキャラクターが
合うように思えます。 頑張る!と申しておりますので、
何卒、宜しくお願いします。

スシバー「Qeueu」をぜひ、ご贔屓に。
b0096052_2172711.jpg

浩之さんの畑で風に倒されてしまった丸ズッキーニ
拾ってグラスに刺したら、シャッキッとしてくれた。
「Qeueu」で「盛岡一ステキな女性のお客様」を、お迎えするという大役を見事に果たしてくれました。
ありがとう。

by takupape4 | 2009-05-16 21:12 | Qeue de Neuf クードヌッフ
2009年 05月 16日

ホップの新芽! 到着!!

岩手県の県北、K町にはホップの畑があるという!
秋の実りの風景も見に行きたいですが、伊東の興味は・・・

もちろん『新芽』! ホップの若芽が欲しい~~

欲しいとなったらたまらない!前職(都内百貨店食品部)のツテ、コネ、しがらみ・・全てを総動員して手に入れました!!
b0096052_19572640.jpg

ふふふ! 届いたぞ! 苦労したんだ!!
へぇ~、ホップの新芽って黒っぽいんですね~
緑色のイメージでしたので、意外でした。 強そう!

バケツの底には水が張ってあるのですが、その水が黒っぽくなってる
これはホップのポリフェノールが溶け出すんです!

そうか、凄いなホップ! 抗酸化作用も期待できるんだ!!!
b0096052_19573658.jpg

実際、生でかじってみると、穂先はやっぱりホロ苦い。
軸は中空構造で、シャキシャキした食感!
b0096052_23221845.jpg

ただいま、大変に貴重な 『K町産 ホップの新芽 』が 
天ぷらで召し上がれます! こちらもぜひぜひ!!

しかし、山菜にしろ、山葡萄にしろ、ホップにしろ「新芽」の時期ですね!
やっぱ最高!「新芽」万歳!!

なんにせよ「若い芽を摘む」というのは、この中年親父にとって
最高のご馳走、醍醐味ですな! ひひひ! やめられまへんな!!

by takupape4 | 2009-05-16 20:06 | ヌッフのメニュー☆
2009年 05月 16日

たかきびのニョッキ

岩泉の帰り道、「三田貝分校」という廃校を利用した道の駅に立ち寄り
「きび団子」をいただいたんです!

正直、期待してなかった・・ 「ああ、やっぱりね」的なことを予想してたら

ううううままままままいいいい!!! じゃありませんか!

もちもちとした食感!ほんのり渋みもあって!!これ最高のパスタだよ!
あんこと一緒に炊いた甘味になっていたんですが、甘くしなくても!!

早速、キッチンのおばちゃま達のところにすっ飛んでって
大絶賛&造りかた教えて攻撃! いやがるおばちゃまを・・・

何度か試作を重ねた後、ちょうどホワイトアスパラの穂先がつぶれた
アウトレット品が出てきたので、「これでポタージュを!」とひらめき!!

あとはスーパーシェフ及川さんにおまかせで!
b0096052_18594289.jpg

遂に完成!! たかきびのニョッキ ホワイトアスパラのポタージュ
b0096052_18595596.jpg

こんな、俵型のたかきびニョッキが浮かんでいます!
ホワイトアスパラをたっぷり使った贅沢なポタージュも最高です!

雑穀は今年のテーマの一つ。 でもこのたかきびニョッキはヒットです!
これなら、二戸の安藤直美さんもほめてくれるハズ!!

by takupape4 | 2009-05-16 19:35 | ヌッフのメニュー☆
2009年 05月 12日

第三回岩泉 山ブドウの新芽を!

雫石の田圃で「田植え」初体験を終え、その夜は「オテル・ド・ヤマダ」で
アムルーズを堪能! 体も脳ミソも充電完了!

朝を迎えて、5月11日!今日も行くぞーーー!わくわくドキドキ~!
第三回、岩泉行き。 今日の狙いは「しどけ」「山独活」「わらび」そして
先週はまだ早かった「山ブドウの新芽」を求めて! いざいざ!!
b0096052_15542954.jpg

今日は小雨、霧雨模様・・ 伊東の晴れ男伝説もついに・・
でも、山歩きにこの位のオシメリはかえって楽なんだそうです!
定男さん曰くは、「暑くないから疲れにくい」し、「虫も出ない」からとか。

湿気を十分に抱えた山の空気はいっそう浄化度を高め、緑はさらに濃く、
景色も凝縮度を増し、じりじりと照りつけられるよりははるかに気分イイ!

先日「よ市」に付いてきていた時は、舗装道路に寝そべって、ぐったりと
フテ寝していた「ゆうじろう」、山道となれば尻尾を立てて楽しそう
足取り軽く、軽トラを先導していき、熱心にマーキングしてる!
b0096052_15543889.jpg

これ、判ります? 朴の木です!そう、あの「朴葉味噌」の朴の木です
これが若芽で開いた葉があんなに大きくなるんですね~。 ほんと、
知らないことだらけ!! こういう知識が増えることが最近、心から嬉しく思えるようになって来ました。
さるやんごとなきお客様に、この若芽の柔らかいところを選んで「天ぷら」にして差し上げたら、
「食べれるんだ~!!しかもウマイね」と大喜び! やったね!イエス!
でもその方からは、梅雨時期に、白くて大きなお花が咲くんですよ♪
と教わりました。 誠に有難いことです。
b0096052_15544762.jpg

山吹の花、写真は蕾ですが、キレイに咲きそろっていましたよ
定男さんが言うには、「山吹が咲くと「しどけ」が出てます。」てことは?
「しどけ」期待できそうです!山の女王陛下に会えるぞ~~!
b0096052_15552664.jpg

蕨がひょっこり、顔を出してました! こんなにぽつんと生え出すんだ!
b0096052_16323316.jpg

笹薮を掻き分けながら、ワシワシと尾根を目指して登って行き
(こんときは、正直、キツかった・・ 笹に足を取られて・・)
尾根に出たあたりの景色です。下を見るとかなりコワかった・・
定男さん家が標高200m、この尾根が標高800m、高低差600m
いつの間にか800mまで上がってたんだ・・ キツイはずだわ・・

その尾根伝いの先に蕨のハタケがあるというので、そこまで足を伸ばしたのですが、まだ早かった・・でも、その場所には、赤茶色に枯れたシダ様の葉が敷き詰められたように真っ赤っかなんです!定男さんに、これ何?と問うたら 「拓郎さん、そいつが蕨のホダですよ」「ええ~~こいつだらけじゃないですか!!」「だ・か・ら!ここなんですよ」 ふ~~ん。このホダの分の新芽がでてたらさぞかし・・・
「いや、もうここ一面、ぶわ~~っと蕨ですよ。」「ほぇ~~~~」
b0096052_16324365.jpg

蕨は残念でしたが、また笹薮をひとしきり、今度は下っていくと、
「しどけ」のハタケに出くわしました!「山吹の花」は本当でした!!
先週、目を凝らして探したしどけが、こんなに楽に見つかって、しかもいいやつを選べるなんて!なんという贅沢!なんという不遜な!
さあ↑↑この写真の中で、しどけをどれだけ見つけられますか?
b0096052_16325377.jpg

ある~日♪森の中♪こんなウンチ、みつけたよ♪
「定男さん!これ、これ誰のウンチ??」「やりました拓郎さん!熊ですよ」
ややや!熊ですか!あれ?ゆうじろうは?ゆ、ゆうじろうはどこですか?
「ちょっと日にちが経ってるから大丈夫。でも下痢気味ですね」
「はあ?そうなんですか・・」「なんか食べ過ぎたんでしょ!」
b0096052_1633225.jpg

先週は蕾だった山葡萄。ちょうど芽吹きのタイミングにドンピシャ!
「ああ、拓郎さん!その木は雄木だから採っても大丈夫ですよ!!」
「ええ~~定男さん?見ただけで判るの?」 経験で言ってるもんだと・・
「あい、なんとなく違うモンですよ」 カッコええな~!
見分けがつかなくてみんなドンだけ苦労しているか・・・
この木は雄、この木は雌と判断していく定男さん、その後をついて目を凝らす伊東ですが、何がどうやら、サッパリ・・
b0096052_16331357.jpg

もう一つ、いや、二つも三つもびっくりしたのがコレ↑↑
なんだか判ります??

 天然葡萄水 『山葡萄の樹液』です!!!!!!!

凄いでしょ!枝を切ってペットボトルに刺して山から下りてくる間に
500ml が満タンになったんですよ! これはスゴすぎ!!!
b0096052_16334380.jpg

透かしてみるとほんのり黄色か?緑か?かすかにニゴリのある樹液!
グビリと飲むと、軟らかな舌乗りでほんとかすかに酸味があって、木の内側の香り?生木を裂いたときのような香りがあります。かすかに微かに粘着性を感じ、とろんだ液体は体に染み込む?ひろがる?ものすごく親和性の高い液体です!!

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!
(ヘビメタ的なシャウトでお願いします)
地下水の安全性が危ぶまれる昨今、このように葡萄という生命を漉し通した水の貴重さが求められる時代が来るのかも知れません!
b0096052_16342549.jpg

いや、本日もやりました!実にさわやかな(?)表情!
(伊東にしては ってことで、一般論ではありません!)
顔も体も引き締まって来たっしょ! 山の神さん、ありがとう!!
b0096052_16343726.jpg

定男さん家 (伊東の第二の実家となりそうです!無理やり!)
で、四男坊のさだし君、定男さんと目がトロンとなった伊東!
ワインを皆で飲みました。酔いました。疲れた体に最高です!!
さだし君は定男さんの後継者です。ということは伊東の大事なパートナーとしてこれからがっちりとタッグを組んで頑張っていく!頼もしい弟です!!
b0096052_18331488.jpg

b0096052_18333129.jpg

山からつんできた新芽、とても美しいです!
肉厚でコシがあるので、生も湯がいただけでも難しかった・・
この日に摘んできた山菜たちと天ぷらにしています。是非どうぞ!

by takupape4 | 2009-05-12 15:58 | ボス☆ライフ
2009年 05月 10日

今日は雫石! 田植え初体験!!

5月10日 日曜日!
「雑穀とワインの夕べ」という企画でコラボさせていただいた中南さんの
お宅にお邪魔して「田植え」初体験を!
b0096052_15395730.jpg

雫石町御明神にある中南家の田圃、近隣の農家さんより一足早い田植えです、雲は低く、湿度は高く、吹く風は冷たく、肌寒いくらいの一日でした。
b0096052_1540689.jpg

真新しい田植え機 ヤンマーですね どっちがヤン坊ですかね?
これがものすごい能力あるんですね。
b0096052_15401644.jpg

田植えという単純に思える作業ですが、この駆動部はかなり精巧な仕組みですね~横にスライドしながら余さず植え付けます!
一度に8列をぐいぐいと植えていく! 男子はこういうメカに魅かれます☆
b0096052_15402739.jpg

みるみるうちに植え付けてて行く!機械の効率性を見せつけられるばかり
田圃1枚 30アール、昔、手植えの頃は丸一日がかりで1枚植えるのが精一杯だったそうです・・それが今じゃ1時間で済むんですから・・1日で5枚を植え付けてしまうそうです!
b0096052_15403561.jpg

にゃ~~んと!ついに田んぼに足を踏み入れました!
感無量!! 足裏に伝わる感触を、味わってまーーーーす!

 「この一歩は小さいが 伊東にとっては偉大な一歩である」   
  旗立てよう、旗! ヌッフの旗を!
b0096052_15404586.jpg

田植え機にも乗せてもらいました!曲がらないようにさすがに真剣!
「パパ、曲がってるよ~~」 かのっち・・ スマン。 けっこうムズイんだ!
b0096052_15405649.jpg

さらに、「手植えも!」 中南さん ありがとうございます!!
(心持ち、腰引けてますね・・ ぷぷぷぷ)
泥の感触が、なめらかで生温かくて最高だ!
昔、ありましたよね 「泥レス」。 今なら興味持てるかも!?
b0096052_1541432.jpg

中南家の田圃の一角に誕生した伊東家コーナー ほんの ひと坪!
b0096052_15421287.jpg

無理やり伺って、ご迷惑かけて・・ 仕事の邪魔しかしてないのに・・
間違った達成感を醸し出す伊東。 なった気してます・・
b0096052_15422154.jpg

稲作の転作としての菜の花畑。一面まっ黄色に染まって☆
かのっちのサービスカット! 天使です。

by takupape4 | 2009-05-10 15:44 | ボス☆ライフ
2009年 05月 09日

第二回 岩泉 定男さんと「しどけ」を狙って!

5月5日こどもの日!愛する子供をほったらかしにしても岩泉へ!
本当は11日の予定だったんですが、
「拓郎さん、もっと早く来れません?山が早まってる」と定男さんから。
「わかりました!すぐ行きます」と二つ返事!
カジさんのBMWで飛んで行きました(岩手は広いね!)
b0096052_9405748.jpg

今日ももちろん大快晴!おおおおお!しどけが俺を待っている~~
今日の狙いは「しどけ」「こごみ」「山独活」そして「山ブドウの新芽」

「拓郎さん、今日はレベル2 だから安心して!」
「この間の死にかけたやつは?」
「あれはレベル 6 最上級です!」
「やっぱり・・・ いきなりあそこは・・・ いや、いいです。今日は楽しむド」
b0096052_941823.jpg

定男さん家から車で15分、山間を進み、そこで車を降り、装備を固めて
定男さんの軽トラの荷台に乗りこんで15分山道を上がっていきます!

今日も「ゆうじろう」が付いてくれます!北海道犬(アイヌ犬)1歳半は
今日もすごかった!
ゆうじろうが何かに反応して斜面を駆け上がって行ったかと思うと上方の
木立の蔭から丸々とした日本カモシカがどどどどど~っと弾丸のようにすっ飛び出てきて! 「うわわわ!カモシカが!」どどどd~っと向こうの谷へと

必死で逃げるカモシカのど迫力が15メートル先で見れるなんて!
ディズニーランドのアトラクションにもないですゼ!岩泉最高!

その直後にもまたピクっと反応したゆうじろうが沢に向ってピョーーン!
ピョーーーンと大跳躍!たった2飛びで沢に達する驚愕のジャンプ!
あのね、プーマのスニーカーについてるあの姿勢で飛ぶんですよ!
犬じゃない、チーターか?という見事なボディバランス!ブッラボー!!
ゆうじろうが飛んで行った先で「ギャッ!」って鳴き声が・・
「定男さん、何か獲ったみたいだよ・・」
「ああ、おそらく狸でしょ。このあいだはアナグマと闘ってましたけどね」
狸の燻製がなかなかにイケルんですよ、今度ゆうじろうが獲ってきたら
肉を持っていきますから、ぜひスモークしてみてください!
ですって。 お楽しみに!
b0096052_941167.jpg

前回は目を凝らして必死に探した「こごみ」もニョキニョキ出てます!
緑が濃く、巻きが強く、軸太く、こぶしの長さ位のベストサイズを選んで摘めるなんて不遜な行動に!罰当たりめが! でも「美味」のために捧げる身、何でもかんでもではないよ。それに、残らず刈り取るのも良くないしね、岩泉の山と折半しなきゃ。また来年のため。
b0096052_9412675.jpg

これは今回の狙いの一つだった「山葡萄の新芽」。残念ながらまだ早い。
この開いた若芽の天ぷらがウマイのだそうです! 食べたい!!
よくみると山のあちこちに、巻きひげでしっかり絡みつく山葡萄の樹が、
結構目に付きます。 山葡萄も雄樹と雌樹とがあるんですって!
実を付けない雄樹の新芽を摘むのが定男さんの流儀! カッコええな!
b0096052_9413567.jpg

このオレンジマーキングの中を横切る立ち枯れた枝。これが山独活の
ホダ木(去年の成木が枯れたもの)。従って、若芽はその根元に
b0096052_9414674.jpg

そうそう こんな風に芽ざめています!落ち葉を掻き分け探します。
b0096052_9415723.jpg

どうです!見事でしょ!
この鮮やかな赤紫!自然の作り出す色彩は時に想像を凌駕するとんでもないコントラストを提示してきます。
先日、阿修羅像を見たときに、この像が彩色された当初はドンだけ衝撃的だったのか・・そんなことに思いを巡らすのですが、その原点となる色彩の衝撃は、実はこういった山菜の、いや若芽の持つ鮮やかさにインスパイアされたのではないかとさえ思えたんです。
この、春の土の中でおきている変化こそが生命力であり、当時、映画もテレビもない時代に、ライブ感こそを身上としただろう仏像の、フォルムばかりか、衝撃的な色彩の源点となったのではないか・・
一般に、生命の根源は混沌としたスープ状の「海」だとされていますが、人類としてのプリミティブな「宗教感」や「宇宙感」が発露されたのは、思うに、このように原始の世界を席巻していた「植物」の堆積した肥沃なスープ状の「土壌」が原点であり、その土をある時期、つまり早春の発芽期に掻き分けたときにだけ出逢える、この刹那的な「紫」を中心とした色彩こそがベースだったのでは・・
その昔から高貴な色と珍重された「紫」もこの鮮やかな生命力が・・・
なんてことを脳内に巡らせながら、一心不乱に掘りあげるんです。
そして「ボキッ」という音で我に返り、ブンっと漂う香りで正気に返る・・・
山が抱えている生命力の分母の大きさ・・その力に気づかされるんです・・
その「謎=摂理」が解けるまで「山=岩泉」に通いたい。
  そう衝き動かされる!眠くとも!突き抜けるまで!
それさえ判れば、僕はこの自然の力を何処へも伝えられる者に成れる!
その摂理への導き手 としての「マスター定男」に運命の出会いをしたと・・
フォースを感じる! Don't think , Feel はブルース・リー でしたっけ?
think と feel の螺旋の中に生まれる、ある感情に素直になりたい!
全ての答えは・・ いつも汗と共に蒸散してしまうけど
澱のように体に沈殿して行くものを漉しとっていければ  いつかは。
b0096052_9454013.jpg

神の司る「摂理」とは常に具体的なものの中に宿る。
これは「しどけ」です。オレンジにマーキングしたものが去年、成木となったものの「ホダ木」です、従って、若芽はその根元から発現する。
定男さんによる「しどけ」収穫の実演
b0096052_105719.jpg

山菜の女王 ”Her Majesty"「しどけ」
こちらはBeatles
b0096052_1051622.jpg

最近、落雷に会った木ですね・・ 黒こげ!
b0096052_1052862.jpg

帰り道、軽トラの上から沢を眺めてると 「あ!狸が!!」
丸々と肥えた狸がのんびりと水飲んでた。
「あ!おー!」といいながらカメラを立ち上げてた間に、やっとこちらに気づいて
脱兎のごとく林の中へ・・ あいつ・・気づくの遅すぎ!
b0096052_1054633.jpg

前回、死ぬかと思うようなキツイ目にあってから、装備も充実!救助されやすいだろうと真っ赤なツナギに、大事なのは足にあった長靴、スパイク付きです!
次は山菜ナイフも準備しよう!型から入る都会っ子のお寒い「モディファイ」がここにあるような
ジプシーというよりパイレーツ? いづれヒールか・・ それも結構。
b0096052_106416.jpg

定男さん家の裏庭の畑に顔を出したアスパラ
定男さんのおじいさんが一校時代に賢治と同級生で、いろんな種をこの畑に播いたのだそうです。このアスパラも90年昔の種が生きているんだそうです!!
b0096052_1061338.jpg

定男さん、カジさん、そして定男さんの二男 佳良(けいすけ)さん
b0096052_1062969.jpg

山賊の頭目? まぁ、そんなとこです。
山が磨き上げた定男さんの顔!山が磨き始めた伊東の顔!イイでしょ!
定男さんと最初に山に入ったとき、去年の10月と比べてみて!

定男さんと、この岩泉に僕らの「梁山泊」を創るんだ! それが夢です!
b0096052_1063937.jpg

山独活
b0096052_1065164.jpg

こごみ
b0096052_107417.jpg

雪笹
b0096052_1071852.jpg

しどけ

by takupape4 | 2009-05-09 09:42 | ボス☆ライフ
2009年 05月 09日

ジプシー部隊、自醸ワイナリーに出動!今回のミッションはさくらんぼの花をクリクリだ!

最近、朝 芽ざめて天気がいいと落ち着かない・・
予定が無かったりする日は、おろおろしてしまう・・ なんて馬鹿者!
と落ち込んだりもする・・   こんな人じゃなかったんだけど・・

生まれ変わっちゃいました! \(@@)/ reborn!!
b0096052_1341534.jpg

そんな過ぎる日4月は30日。 自醸ワイナリーへ!本日も大快晴!
今日はワイン絡みではなく、なんと「さくらんぼ」が目的なんです。

自醸ワイナリーは「フルーツパーク」というだけあって、葡萄だけでなく、
りんご、ブルーベリー、そしてさくらんぼ と多くの果樹が植わってます。
b0096052_1343094.jpg

伊東、45歳にして知らないことが多すぎる、特に花や木のこと・・
「さくらんぼ」って自家受粉では実がつかないんですって!知ってた?
自家不親和性とか 自家不和合性というんですって・・ 和合って。

だから、列ごとに違う品種の樹を植えて、花粉を交換しないとならないんだって!オドロキました~。ミツバチもたくさん放してますが、なんせお花がたくさん咲くので、人工授粉をする訳です。
人海戦術だ ってんで、本日のジプシー部隊出動と相成りました。

↑↑ヴィンヤードマネージャー吉田さんが手にしてるのが「梵天」なる道具
耳掻きのお尻についているボンボンの親玉に長い柄がついているんです。
電動式で回転するヤツまであるらしい・・  すごいねー。
b0096052_1344581.jpg

水鳥の羽毛でできているんですと!違う使い方も気持ちよさげですナ~
二人一組となり、それぞれ違う品種のお花をくりくりして、梵天を交換して
またくりくりとやって行くわけです。
b0096052_1345794.jpg

こんな風に「もちゃっ」と咲くんで、360度丹念にくりくりするのは結構ね。
雨よけのビニールシートにハチくんたちが「ブブブb~」とあたる音がそこ等じゅうで響いてます。「クマじゃないから刺すなよ~」とお願いしながら。
b0096052_1351017.jpg

本日は総勢8名で出動のジプシー部隊、初めてのなんだか可愛らしい作業にみんな夢中で取り組んでます。お天気の下、集中して手を動かしてると体にたまった毒素が蒸発していくような気さえします。
どんな人間にもお天道サマは平等で、やさしく心と体をぬくめてくれます。
僕の信じている言葉?に
「旅人のコートを脱がすのは北風じゃない!太陽なんだ!」というのがあります。つくづくと太陽になりたい!太陽にならねば!!と願っています。
b0096052_12247100.jpg

盛岡のジプシーキングです! 自分でも「うわっ・・」と思いますよ普通に。
(この時シャッター押したタイガも「うわっ」とか言いやがって・・ 許さん)
この人が本物になんのか、そこまで届かないのか、まさに正念場です。

昨夜もワインをしこたま飲んだので、ちょっとむくんでますな~ よしよし。
しかし昨夜の クスダ ピノ ’06  は最高にウマかったな!
(後で知ったのですが、この’06ピノが IWC=インターナショナルワインチャレンジ ロンドン大会で金賞に輝いたとか、 しかもそのロンドン大会にはTSUBAKI の椿さんも審査員で出ていたはず! 椿さん、浩之さんの受賞に大貢献してるかもね(椿さん、浩之さんのこと熱烈に応援してるからな)!人とワインはどんどん繋がるね、最高の飲み物だね~~ 我が肝細胞、最後の1セルまでワインを飲むぞ!)
b0096052_385682.jpg

真っ白だった梵天にみっしり花粉がついて黄色くなりました。 すごい。
b0096052_391119.jpg

これがさくらんぼの花、桜ともまた少し雰囲気が違いますよね
b0096052_39242.jpg

花を開いてみると、オレンジのマーキングの中、鮮やかな緑色で、プクッとなっているところがサクランボの実になるんですと。 へぇ~そうなんだ。
b0096052_393645.jpg

コチラはワイン畑で、葡萄樹が眠りから覚めたのが判る写真です。
この、目覚めた樹が水を吸い上げて、剪定した切り口からポタリ、ポタリ、と水滴のたれる写真を撮りたい!その瞬間のワイン畑に立っていたい!と願ってきました。
強く願えば叶うんだ。 強く、強く願うんだね。  叶うぞ!
b0096052_395222.jpg

4月30日の時点で一番膨らみ掛けていた新芽。シャルドネです。
今は5月8日。 この子はもう開いただろうな!

by takupape4 | 2009-05-09 01:24 | ボス☆ライフ
2009年 05月 08日

東京出張 ずばり最高!

岡本さんのパーティーが終わり、「クヨール」を後にしたのが10時半、
これでおとなしくおねんねするタマじゃないんですね、もちろん!

渋谷から、六本木へ移動して
「マクシヴァン」へ そう敬愛すべき「佐藤陽一」アニキの所へ!
くだらない駄洒落を飛ばしあいながら、楽しい ♪ ワインの時間を!
「アニキ、ヌッフも今年で15周年を迎えますぜ!」
「おお、そりゃすごい!ぜひぜひ何かやりましょう!」
「マジですか! じゃあ、24時間ワインセミナーとか、よくないですか?
『思いっきり佐藤陽一』みたいなサブつけて・・・ あと余興で、グラス回し続ける耐久レースとか、ブラインド百番勝負とか」
「たぶん絶対違うと思いますが・・  なにかやりましょー 」
とがっちり握手。 皆さん、この秋、乞うご期待!!

そして、赤坂へ移動して、伊東が心より慕う わが師匠
「赤坂グレース」の久保村マスターに会いに!
陽一アニキも「グレースのパパによろしく」と言ってましたし、久保村さんもそれを聞いて嬉しそうでした。
久保村さん、お年を召されたと言え、マダマダ元気、現役、原液100%!
カミユのカルバドス1929を!!超うまい!ブッラボー!ブラビッシモ!

そしてそして、「霞町Bar嵐」へ!
ここのオーナー田辺くんとは古い知り合いで、伊東が西武百貨店で
モルトウイスキーを販売していた生意気盛りのころ、ヤツは六本木の
「The Bar」で天才的なカクテルと超超レアなモルトを揃えて生意気盛り!
二人でトニーズ・バーやらサワイオリオンズで飲んだな~  
てな懐かしのご対面!今は店に出るどころか、日本にいるかどうか・・
てな生活ぶりのようで、相変わらずのエキセントリック少年!
霞町 嵐、住所に「内田邸」となっているんですが、この建物あの内田裕也
のお宅なんだそうです! もっとも今現在は住んでないそうですが。
そんなところもいちいちカッコイイ 東京。 今に見てろよ!!!

昔話に花咲かせすぎで・・ ホテルのベッドに倒れたのが五時近く・・
それでも9時前にはムクリと お芽ざめ! わくわくドキドキ~ \( ^^ )/

うん、小腹が空いた・・・ そうだ!「イデミ・スギノ」に並ぼう!
9時20分には到着!20人くらい並んでいる、カットラインの30人には
間に合ったぞ! 10時まで我慢我慢・・  ・・・・   あれ?まだ?
10時だと思っていたら、 日曜日は11時です。 ガチョ~~ン。
さらに1時間待ち・・・ お昼の予約時間が迫り、イートインのみの代表作
「アンブロワジー」はあきらめ・・ ケーキを3個(ちゃっこいんです!)
買って、ダッシュ! 代官山へ急げ!

さあ、やっと本題に届きましたね。
この日のランチはかねてからあこがれてた「カノビアーノ」で!
b0096052_17285284.jpg

代官山駅から1ブロックぐるりと歩いた閑静な住宅街・・ おハイソですな!
こんにちは~ とやる気満々で乗り込んで行きます!
カ・デル・ボスコのフランチャコルタを舐めながら先ずは「桜エビのガレット」
b0096052_172933.jpg

こちらは植竹シェフの代表作、「しまエビとカラスミのカッペリーニ」
死ぬかと思うくらいに美味いです。 たった3口で・・ おかわり下さい・・
b0096052_1729154.jpg

「あいなめのカルパッチョ」野菜が美しい!バリっとしていて、香りが・・
b0096052_17292630.jpg

こちらは「山形 三元豚のロースト」 
b0096052_17295850.jpg

この焼き具合を見てください!完璧でしょ! 官能的です。
お皿に余分な油脂が乗ってないからスルスルとお腹に収まって行くんです
b0096052_1730108.jpg

「春野菜と白魚のパスタ」 白魚がカリ、サク、ふわりでほのかな苦味を持っていて、それが春野菜の軽いアクの苦味とリンクして・・ ため息です。
b0096052_21571150.jpg

↑↑ これ、判ります?何いいたいか
アサリのだし(これにも苦味があります)が透き通って、そこにホント必要最小限のオイルが、添加されているんですね、この微小なオイルの粒。
<オイルをいれて、ゆで汁で乳化させてネットリとパスタに絡めて>
これもこれで良いんですが、植竹流の乳化させないサラリとしたパスタ ♪ も☆ 素材の声が聞きたくて思わずお皿に耳を傾けてしまうような・・
b0096052_21573061.jpg

「鰆のポワレとホワイトアスパラのピュレ」 もうコレほんとブラボー!!
鰆の皮目の焼いた香り。上に乗せた根菜系の野菜のソテーからくる根っこの、土の香り。それにホワイトアスパラのピュレがかもす大地の香気!
この重ね合わせた「香り」の構築力!!
この皿に頭っから飛び込んじゃおうか!と言うくらいの一口惚れ!
b0096052_17303316.jpg

「ラム(産地失念・・)のローストと竹の子」 見ただけで美味そうですモン
b0096052_17304846.jpg

オレンジのソルベ 柚子のコンフィチュールが載っていてこれも香りが!
b0096052_1731055.jpg

忘れちゃったけど、これもおかわりしたいくらい!
イタリアンレストランのドルチェって本当に楽しみだよね!
ドルチェ断る人の気が知れない。

いやあ、満足ですた。 ワインも良がった!
テーブルについてくれた池田さんがお料理に合わせてセレクトしてくれて
写真を撮り忘れてしまった・・ でもメロイのピノブランもラン下のネビオロ
も、熟成したシャルドネも全て納得のチョイスだったんです!

おまけに、帰りたくないもんだから、グラッパまでいただいて!
ランチだってぇのに3時間!かかったんですよ!
シェフもお留守、シェフソムリエも不在でしたが、ご覧の通り料理も抜群、
スタッフも、誰に何を聞いてもちゃんとお答えできる。
「少々お待ちください・・」なんて事無いんです。楽しそうなスタッフを見て
こちら側もさらに拍車かかっちゃう! カノビアーノ最高でした!
最後も皆、お見送りしてくれて! ありがとう、サンキューー!
b0096052_17311357.jpg

代官山駅近くの「イイタリー」(以前ブログに書きましたが)の広場で、朝買ってきたイデミ・スギノさんのケーキをパクリと!このケーキね、ムースが最高!溶けて消えるんだけど、微細な泡が、口の中で超気持ちイイんです。そして香りが抜群にピュアで、余韻が長い~。
とっても素敵。 言うだけのこと、大アリです。 イデミ・スギノ、是非!
b0096052_17312528.jpg

さて、帰りの予定がずれまくり・・ しかも東京駅の「銀の鈴」のところが
今「GRANSTA]と言うんですが、これがまたキョーレツに面白い!
前職が前職だっただけに、もうもうもう大好きなんですこういうトコロが!!

最後に駅弁とお酒を買おうと「はせがわ酒店」をのぞいたら、タケダワイナリーの
試飲をしていて、ほんわかとした優しい風貌の方がご説明されていて、
ふとネームバッチを見たら「岸平」さんと書かれてるではないですか、
「もしかして典子さんの?」
「ええ、ダンナです。 盛岡の・・ああ、聞いてますよ!」
「こんどワイナリーツアーお願いしますね!」
いや、なんでしょ!最後まで「出逢い」だね~ 人生こうでなきゃだ!
マスカットベリーAのハーフを購入して、駅弁は「深川めし」。
ハゼの甘露煮と穴子の白焼きに、ベリーAの果実味が☆☆
いや~実に美味いな~   おべんと食べてぐっすり寝ました。

by takupape4 | 2009-05-08 17:27 | ボス☆ライフ