ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ボス☆ライフ( 99 )


2008年 10月 15日

帰ってきました!

13日の朝、9時41分の「はやて」に乗るはずの店長が目を覚ましたのは
なんと! 「 9時20分
(早く帰るはずだったのに、カジさんと燃え上がって・・帰ったのが5時半・・
寝ないで行こうと決めたのに・・チョットだけ、ほんの10分だけ横になったつもりが・・ あれ?オレ、夢見てるぞ・・ あっ、ヤバっ!! )
膝が震え・・心臓が飛び出そうになりながら先ずしたことは・・
中央タクシーに電話!「マンションの前で待ってて!!」
そのあとは洗面所で猛スピード朝シャン!ダッシュ身支度!
頭ががまだ廻らないので、とりあえずカバンに財布とチケットを確認して
飛び出す 9時33分!「う、運転手さん、自己ベストで駅まで行って!」
駅の階段駆け上がり、血走った目で時計を見れば9時38分!
これを奇跡と言わずして!なんという!
いいですか皆さん! 
「決してあきらめちゃいけない!」

b0096052_23402635.jpg

あきらめない人に ご褒美!「本日の野菜料理」
渋谷(何年ぶり!)109の前で加代ちゃん、よっぴーと待ち合わせ、
すぐ近くの「シノワ渋谷」で休日のみの「シャンパンブランチ」を~☆
b0096052_23404954.jpg

メインはシノワ名物「フォアグラ丼」むっちりモチ米にバルサミコ風味
(さすがにウマイ!これはパクリ・・いやインスパイアされてしまおう!)
b0096052_234189.jpg

デザート「山栗とチョコレートのミルフィーユ」
これは加代ちゃんが頼んだもの、店長はフォンダンショコラでした。
バローナのショコラが超美味だったのですが写真がブレブレで・・
このお料理にシャンパーニュ(この日はGHマムでした)が一杯付いて!
さらに¥1900プラスでグラスワインがフリーだって言うんでモチロン!
白①ニュージーの「シレニ」ソーヴィニヨン・ブラン
白②オーストリー グリューナー・フェルトリーナー
白③カリフォルニア シャルドネ
赤①オーストラリア 「ウインディピーク」ピノ・ノワール
赤②ヴァンドペイドック 「ヴィエイユフェルム」 シラー
赤③南仏 メルロー
まだ昨日の酒も抜けきらんというのにきっちり迎えてねじ伏せる!!
いや、「シノワ」楽しいですね、余裕があってワタワタしてないから
ギャルソンの「大迫さん」サービスありがとう!気分良く楽しめました!
b0096052_23413585.jpg

寅さん40周年! でも、僕の人生に寅さんは・・  かも。
b0096052_2342137.jpg

渋谷・・すげっ・・ 人人人の波、圧倒されて端へ端へと追いやられ
盛岡とオレゴンの「のんびり」に慣れている僕らにはあり得ない息苦しさ
b0096052_23423479.jpg

人口爆発の街「渋谷」を逃れ、おサレな街「代官山」へ・・
このおサレ感にも疎外感を否めない店長でありますが、駅裏に開業したばかりの「イータリー」へ、ピエモンテ州トリノに本店のあるフードマーケットの東京進出!ローソンが10%の出資をしているそうです。そのローソンの大和氏にオープニングパーティーのご招待を受けていたのに都合が合わず断念したこともあり(500名ものパーティーは壮観だったとか、トリノ市長も来日していたそうです!)念願かないました!
b0096052_23425280.jpg

中庭のある低層のロケーションはヨーロッパのスローフードを体現。
カフェ、イートイン、教室、マーケットが併設され、「買う、味わう、学ぶ」というコンセプトを体験できる施設となっています!
b0096052_2343782.jpg

早速、夜のおつまみ調達!「パルマ」「サンダニエーレ」「クラテッロ」の3種をスライスしてもらいます。パック売りもあるのですが、切りたてをね!
b0096052_23431958.jpg

生パスタやラヴィオリも!うまそうです!
「アワビのパスタ」用に、乾麺のリングイネを求めました。これがモチモチで最高に、うまかったんですよ!!
b0096052_23433225.jpg

見た目もカワイイ!デリもありますが、満腹状態のため衝動買いは未遂。
b0096052_23434495.jpg

水牛のモッツアレラ、ボッコンチーノは高価なので1玉から量り売りで買えるのがうれしい限りです!
b0096052_23435623.jpg

圧巻の生ハムぶら下がり!楽しくなっちゃいますね!賑わいも味のうち!
近所にあったらついフラフラと買いに来ちゃいますね!遠くて良かった!!
b0096052_23441088.jpg

中庭を挟んで反対側には、カフェとドルチェのコーナーが!
ショーケースの中にはイタリア各地の伝統菓子が並びます!!
左から3番目は「ババ」ですね!普通なら絶対買いすぎちゃいます!

「イータリー」素晴らしいです!この品揃えがさらにさらに良くなっていくことを!いろんなイベントやフェアが盛り上がっていくことを祈りつつ、再び懐かしい東横線で実家へと急ぎ向います!!

by takupape4 | 2008-10-15 23:48 | ボス☆ライフ
2008年 10月 09日

定男さんと山へ!きのこを求めて!!

普段なら店長はまだまだ夢の中の朝9時!あれ、ちょっと霧雨・・不安です
桜台のローソンで定男さんと合流し、岩泉方面へ出発です!
定男さんにはなれたる道ですが・・岩洞湖を過ぎ、早坂峠までの間に
3回しかブレーキ踏まずに(あり得ねぇ~)ぶっ飛ばしていく定男さん・・ 
もう、付いていくのに必死でしたよ・・ 置いてかないで~
b0096052_16341725.jpg

早坂峠をぐんぐん上っていくにつれ霧が深くなり・・不安がつのるばかり・・
視界は前方15m・・定男さんの車に必死で付いて行こうと前のめりで
ハンドルにしがみついて運転。マジ怖かった・・道の脇はすぐ・・ガケ!!
↑のような倒木の第一ポイントに到着・・霧深し・・ ここは空振りでした。
b0096052_010580.jpg

尾根道から外れて下っていくと嬉しいことに霧が晴れ・・少し安心!
身支度を整え、行くぞ!と藪に分け入って沢へと下っていきます!
あまり持ち合わせのない運動神経を120%動員して浅い沢を飛び越え!
その先の藪へ・・ 定男さんが鉈をふるって行く手を切り開きながら↓↓

実に頼もしく突き進む定男さんですが、うっかりするとしなった枝や、笹が
ビュン!バシッ!とすぐ後ろをヨタヨタ進む店長の顔面を容赦なく!
さ、 定男さん! 狙ったでしょ今のは・・
足元も見えないので根っこや倒木につまづいてコケそうに・・油断でけん
b0096052_0142528.jpg

特別誂えの鉈を持つカジさん、ずしりと重く分厚い鉈は威力満点!
フードを被った定男さん・・ ジェダイマスターの様です・・オーラ出てます。

落ち葉が積もって腐れた足場はふかふかと気持ちイイですが安定せず、
湿ったところではズブズブとはまるので安易に踏み出せず・・ヤバイ汗が。
「ひぇ~」「ほひぃ~」と変な声を出しながら進むと当たりポイントへ↓↓
b0096052_0144017.jpg

ブナの巨木が倒木となりびっしりと苔むしてました。一昨日の雨でジュクジュクに水分を含んだこの倒木に「ブナハリタケ(白いやつです)」がみっちりと発生!キクラゲのような食感のブナハリをまずはゲット!おっしゃ~
b0096052_0145463.jpg

同じ木に「ムキタケ」も多量に!ムニュ~プリン!と独特の触感が・・
これもプリプリと摘み取って・・ 虫さんニョロリは惜しげもなく捨てます!
今年は気温が高めなのでせっかく発生しても虫さんに先を越され・・
b0096052_0151854.jpg

覚悟を決めて、ぐじゅぐじゅ濡れた幹に抱きついて裏側を覗き込んだら!
「サルノコシカケ」が!この大きさ位だと、3日程でムクムクと成長するんだそうです、一年くらいかかるのかと思ってました・・きのこってスゴイんですな。
b0096052_0152974.jpg

これは「タヌキの茶袋」成熟すると真ん中に穴があいて「ポフっ」と胞子を
煙のようにだすので「ケムリタケ」とも、木ではなく地上に発生するのは
「キツネのチャブクロ」=「ホコリタケ」だそうです。忍者ごっこに使えそう!
b0096052_0154154.jpg

皆さんも覚えてください!↑コレが「ツキヨタケ」です毒キノコですゾ!
写真のは老菌で黒いから見分けられますが、幼菌は「ムキタケ」と
見分けがつかない色形です!日本での毒キノコ中毒例の半数以上が
この「ツキヨタケ」だと言うことです

日本では古くから毒キノコとして知られており、『今昔物語集』では
「和太利(わたり)」という名で登場し、和太利による毒殺未遂事件が取り
上げられている・・ だそうです。古典的な毒キノコなんですな。
b0096052_0155382.jpg

見分け方!「ツキヨタケ」か「ムキタケ」か迷ったときは、傘の根元を
切ってみよう ↑↑写真のように黒い染みがあれば「ツキヨタケ」で毒!
b0096052_016760.jpg

↑↑こちらは「ムキタケ」黒い染みはありません!
定男さんに「誤って毒きのこ食べたことは?」と問うと
「なんでも試しておかなくてはと、色々食してみますよ!」 ですって!
「死にはしないですが、下痢・嘔吐が酷ければ1週間くらいですかね~
内臓がただれたようになって、具合わるいですよ」 って、試すんだ・・・
b0096052_0162091.jpg

↑↑倒木の上に発生した 「カワラタケ」 屋根瓦のようなので。
これも癌予防など免疫系の薬効があるそうです! そうと聞けばね!
b0096052_0163390.jpg

↑↑手の届かない高さに発生したかなりデカイ「サルノコシカケ」
これでも1,2週間で大きくなるそうです! すげぇ~
この写真のように、裏側が白いものは生きていて、黒くなったのは
死んでしまっているのだそうです。薬効成分は生きていないと期待
出来ないので、裏が白いものでなければ、飾りにしかならないとか・・
また、薬効成分は、水溶性なので、雨に当たっていると流出して
しまうのだそうです。 だから煮出して摂取するんですな~
b0096052_16353515.jpg

牧草地を歩く定男さんの脇にある足跡・・ これはクマのもの。 クマ!
マスター曰く、牧草地のクローバーが好きだから、草食べて、水飲みに
沢へ降りていくのに通ったんでしょ って僕らもその沢に向かって・・る?
そういえば連れてる犬「ゆうじろう」の姿が?「何かのにおいを追ってる」
え、「ゆうじろう」は北海道犬!クマ専門(ヒグマとか)の猟犬なんですと
まさか クマのにおいを追っかけて・・  やばいんじゃないの~~
b0096052_0183475.jpg

「ゆうじろう」戻ってきてくれて安心。また笹薮を踏み分け、沢へと降りて
いきます。朝から「ボリ」を狙っているのですがチラとも有りません。
「ツキヨタケが腐れるとボリが出てくるもんですが、まだツキヨなので、
このあとなんですかね?出れば一気にぶわっと出るんですがね~」
b0096052_0184818.jpg

沢を歩くタイガ少年。 このポイントはアップダウンがきつくて、店長は
足が上がらなくなってきました・・足あがらないとつまづいて危ないの。
b0096052_019138.jpg

沢から離れ、風通しがそこそこ、木漏れ日も僅かにある斜面で
「ここは香茸のポイントですから一生懸命においをかいで下さい!」
なにっ!香茸と!クンクンクンクンー、んー?香らないですね。残念。
仕方ないから「ツルニンジン」探しましょう! ほら、それ、そこ掘って!
b0096052_0192270.jpg

「ツルニンジン」ゲット! 日本では聞かない野草ですが、韓国では
高麗人参の代用品として高値で取引され、抗癌植物として認定されて
いるそうです!「伊東さん、あれ、チャングム見てなかった?出てくるよ」
「あ~、かのちゃんとマンガのやつ見てました、出てました?」
肺や消化器系の癌に効くそうです! 「焼酎に漬けて3年待ってね」
b0096052_0193873.jpg

「ほら、ここ、草もなくなってるでしょ、ここ鹿の寝床ですよ」
「はぁ、しかと見ましたが・・どこ?ねどこ?」
「ほらこれ(オレンジの点線部分)↑↓これ爪の跡、起きて爪をかけてグイッとこの向きで立ち上がったんですよ」
b0096052_0195962.jpg

b0096052_0201484.jpg

定男さんの野外授業は続きます・・(足、いい加減、限界なんですが・・)
これ、赤く紅葉してるのが「ツタウルシ」、触っちゃだめですよ!木漆より
かぶれが酷いですよ!この下を通っただけで敏感な人はかぶれます!
赤く紅葉してキレイだってゆうんですが、近頃、増えすぎて困ってんです
繁殖力が強すぎて この、コイツメ!コイツメ! コンニャロ~メ」

定男さんは「森の守り人」。毎日森に入って、森の息遣いを感じてる。
歩きながらもブナの木の下枝を落としたり、絡みついたツタを解いたり、
森を育て、世話をして、森からの恵みを分けて貰っている。
ただ、収奪しているだけじゃない・・ あこがれますな、もやしっ子としては。
b0096052_0202711.jpg

「伊東さんね、あの尾根を行きましょう、ずっと下っていくと楽しいですよ」
「へえぇっ!あれ・・降りていったらまた登ってこないと帰れないすよね」
「ええ、ええ。」
「それ、何時間コースです?」
「ええ、たっぷり5時間。」
「ふへぇっ! また今度っつうことで (ムリムリ限界・・)」
時計を見たら間もなく2時。あー帰る時間でホッとした!
どうですか、店長少しは毒出し出来た顔してますでしょ!!
b0096052_1374525.jpg

「ゆうじろう」 北海道犬、生粋のクマ猟犬 この面構えで1歳!
「群れない。媚びない。芸しない。」頭なでてもらおうなんて思っちゃない!
「ゆうじろう」のお陰で無事山から帰れます。 ありがとう。

さて、本日はすっかり足手まといでしたがありがとうございました。と
定男さんにお別れの挨拶をしますと、
「いえ、こちらこそ。 それじゃ私はもう少しきのこ探して・・」
と「ゆうじろう」を連れて、再び森の中へ!
「ゆうじろう」もトロイ連中が来ないからか、心なしか嬉しそう。

これから誰にも教えられない秘密の畑に行くんだね、定男さん。
背中に発信機、付けといたからね。 (写真撮った時にさりげなく)

by takupape4 | 2008-10-09 00:20 | ボス☆ライフ
2008年 08月 01日

誕生日を迎えました・・

067.gif日付け変わって8月1日
また一つ歳を取ってしまいました・・
b0096052_0105772.jpg
控え室でパチリと証拠写真を撮っていただきました。
「男は40過ぎたら自分の顔に責任を持て」なんてこと言い出しっぺはリンカーンでしたが・・ 私めは40どころか
ついに      44
であります・・ 責任なんざ持てネーな・・ と凹んでらったら

 「44はしあわせだね」 とママからメールをいただきました。
おう、なんとなく嬉しくなってきた! ♪~♪

44歳 「しあわせ男」 の店長☆にみんなついておいで!!!

by takupape4 | 2008-08-01 00:35 | ボス☆ライフ
2008年 07月 24日

岩手北部地震  7月24日・・

いや~ これはセーフなのか? 只今の地震後の状況です・・
b0096052_2232326.jpg

ぎゃ~~割れた~~ お、でも 「メオ」 セーフ!!
あ~、「アランロベール」も奇跡的にセーフ!!
b0096052_223434.jpg

NO~~! グラスは残念・・・ 19脚・・・
b0096052_224374.jpg

おい!早まるなー!身を乗り出すも ワイヤーでセーフ!
b0096052_2254265.jpg

にょにょ~ん なんと発泡に突き刺さっての ミラクルセーフ!!
b0096052_2261271.jpg

ミッシェル・ニーロ~ン!こらえてくれ~ ギリギリセーフ!!

そろそろ閉店~!という 気のゆるんだ時間に来ましたネ。 
地鳴りの様な縦揺れの後に・・
(6月の岩手宮城内陸地震のときは縦揺れのみだったので
難を逃れましたが今のは見逃してくれなかった)
 
横揺れ来ました・・ ゆっさゆっさと・・
店内にいらした3組のお客様は何事もなく、これは本当、幸いでした。

ワイン12本・・ グラス19脚 その他少々・・

地震といえば2003年、そう5年前の5月24日午後6時24分!
あの三陸南地震・・ あん時は推定200本以上のワインが犠牲に・・
( 「1964年サロン」なんて世界遺産モノも犠牲となりました・・)

心の奥深くに刻まれた恐怖は消えない。 さっきも揺れの前兆の
「うなり」の様なものを感知して足がすくみかけましたから・・

あの時の教訓で棚にめぐらせたワイヤーのおかげで随分と救われた。

経験から思うに、ヌッフの白ワイン用セラーに造りつけた棚の向きが
この辺りの地盤が横揺れした時の揺れる方向と同じなんでしょうね、
赤ワイン庫はなんともないのに、白ワイン庫は横揺れと同時に
わっさわっさワインが降って来るんです・・ マジでおっかないですよ!

いつも聞かれる 「割れたので一番高いのは何だった?」 はいこちら
b0096052_040122.jpg

2002 Morey-St-Denis 1er VV Hubert LIGNIER
こちらです・・亡くなったロマン君の作品。半分弱残っていたので
もちろんいただきました。’02らしく均整の取れた黒すぎない果実味と
ミネラルの張りはさすが。堂々としながらも僅かに熟成を受け入れて・・
折り目正しく潔い、凛としたブルゴーニュでした。 味わえてよかった。

by takupape4 | 2008-07-24 02:43 | ボス☆ライフ
2007年 07月 20日

東京日帰り出張 3 銀座バー「オーパ」にて

さて、実はもう1軒、立ち寄っていかなきゃ・・とバードランドを後にして
地上に出れば、あっという間に湿気に取り込まれて・・うんざり。

東京には順応できない体になっちまったのか?東京が熱帯化したのか?

OL嬢たちが群がってる「プランタン銀座」を横目に銀座一丁目へ・・

銀座四~六丁目が夜の聖地ですから、一丁目ともなると「さいはて」的な
感覚がありますが、逆手にとって、この界隈から発信しているバーがある。

皆様もゼヒ覚えておいてください バー「オーパ」 を。
b0096052_027356.jpg


このバーのマスター、大槻健二さんとは学生時分から、当時足繁く通って
いた渋谷のパブで知り合い、酒友達の付き合いが始まり、店長☆が
有楽町西武「酒蔵」で洋酒係だったころ、彼は八丁目の「Barマリ」でチーフ
をしてたので、モルトやラムの仕事がらみのお付き合いもありましたネ。

(「Barマリ」も閉店してしまったんですね・・ 知りませんでした。ここの
 ママさんはタカラジェンヌのような綺麗な方で、ドキドキしたものでした。)

店長☆が盛岡に来て(’95)間もなく大槻さんも開店したと記憶してます。
なれなれしく語っていますが、大槻さんはNBAの全国大会で優勝!して
ますし、東京都知事認定の「東京マイスター」の称号も持っているという

(すいません、検索するまでちっとも知らんかった・・ ほんとに友達か?)
銀座を代表するバーテンダーの一人なんです! こちらが大槻さん
酒をこよなく愛する「濃い顔系」(店長☆と同じく)のお方です

盛岡に来てからは年賀状友達だったから・・ 12年ぶりだね。

地下にあるお店は一直線のカウンター(カリン材でしょうか、素敵です。)
に、バックバーも整頓され、実に潔さのあるたたずまいです。

残念ながら、大槻さんは外出中で不在でした。 覚悟の上でしたので
「ジントニック」と「モスコーミュール」をいただいて。 またこの何でもない
カクテルが実にうまい! 若手の方に造っていただきましたが、手も早く
所作にもキレがあって。造る姿も味のうち! 一見の乱入者である店長☆
にも厭きさせないように気を使ってくれます。 女性のバーテンダーの
山本さんがまた気配りがよくて、楽しく飲めました! うれしいですね。

いよいよ新幹線の時間が迫り、大槻さんにはよろしくと 残して東京駅へ

計算どおり!と思っていたのですが、切符を買うのに手間取って・・
最後はホームの階段をマジダッシュ! ・・・ さらに汗だく・・

東京駅から乗るときは、お腹すいてなくても必ず買っている、お楽しみの
駅弁「崎陽軒のシューマイ弁当」も買えず・・  悲しく盛岡へ・・
(このシューマイ弁当は「完璧」です!余計な具は一切無く、メインのシューマイよりも、脇を固める筍の煮たヤツがスゴイんです!世界一ですね☆ また、なかなか売っている売店がない!っていうのにもやられます・・ 
10年来、浮気もせず、店長☆は「シューマイ弁当」一筋です!っていうか、これに「まい泉のカツサンド」が付いたら天下無敵!なんやけど)

この日は「ニモクビール会」だったのですが店長☆おサボリしました。

それより閉店後の「スタッフ勉強会」に間に合わせるために帰ります。
メニューアップ目前の「ホルモン焼き」の最終チェックと 南仏のワインを

まだ飲むの? ええ、おそらく朝まで・・  長い長い一日でありました。

by takupape4 | 2007-07-20 23:22 | ボス☆ライフ
2007年 07月 17日

東京日帰り出張 2 「バードランド銀座」

さて、大盛況だったセミナー会場を後にして・・ さて、どうしますか?
「ゆりかもめ」で新橋まで戻り、久々に外堀通りをプ~ラプラと
有楽町まで・・ 朝からのシトシト雨は上がったけど、猛烈な湿気に
ビルの谷間は蒸し風呂状態・・ 髪の毛が勝手にちぢれていく・・

不快指数200%の中を目指すは 「バードランド銀座」

有楽町近くから、地下街に下りて・・ えっと、どっちかな?
有楽町西武に勤めていた15年前は毎日昼メシ食べにうろついて
いたので目をつぶっても歩けたのに・・ さすがに変わって来たね。

そうだ、たしかあの寿司の名店「次郎」の隣りだったっけか・・
b0096052_20241698.jpg

5時ジャストくらいにお店に入ると、今日も予約が立て込んでいて
カウンターのど真ん中しか空いてないという・・ 断るわけもない。
一見なのに、焼き場のまん前は少々気がひけますが、千載一遇。

日本一のニクヤキストといわれる和田さんの目の前で食べるなんて・・
こちらが試されてそうな気もしてきた・・

炭火が落ち着くまでしばし待たれよ・・ ということで「砂肝のにこごり」、
「レバーパテ」を相手に白ワインをグラスで! この「レバーパテ」が秀逸で
ねっちりと奥深く、引きずる味わいにがまんできず、「神亀ひやおろし」を。

やおら和田さん登場で「焼き」が始まります!

「わさび焼き」・・胸肉にさっと火を通して、むっちりジューシーな絶品
「砂肝」・・プリリとしてて、歯応えはザクッ!砂肝、こんな旨かったっけ?
「はつ」・・コリコリとムニュムニュ 異なる食感が共存できる絶妙の焼き!

焼きの直前に粒子の細かい塩を打ち、焼き上がりに大粒の塩で決める!

西オーストラリア産のドライなリースリングがピタピタと合いますな☆

「つくね」・・コゲ一つない完璧な火の通り、仕上げに一ハケのたれが☆
「レバー」・・もうおどろかないぞ!と思ってんのに、このレバーったら・・ 
「みょうが」・・半割の茗荷に、品の良い白味噌のこんがりが・・やめて!
「椎茸の軸」・・直径15センチというオバケサイズの椎茸の軸、軸だよ!
(和田さん曰く、このサイズじゃないとこの香りが出てこないんだと。)
「正肉」・・軍鶏の旨みを「焼き」で引き出した、横綱相撲。電車道だね!
「チーズ焼き」・・カッチョカバロをあぶってトロリ。 焼き技の瞬間芸☆

この珠玉の焼き物たちには
マルク・クライデンヴァイス コスティエル・ド・ニーム ルージュ
(アルザスのビオの匠が南仏を!予想外にしなやかでしっとり!)
ニコラ・ポテル ポマール・リュジアン
こんなグラスワインを合わせられるって・・ 東京って幸せなトコだ!

いや、和田さん ごちそうさまでした。ほんとは「軍鶏の親子丼」で
〆るべきでしょうが、もう一軒!行きたいとなると時間が・・
また、絶対に寄ります!と心に決めて 今日はここまで。

「火の通し」に尽きますね。炭火の上で絶えず串は向きを変え、角度
を変え、手に持って火にかざし・・ と幾通りものアプローチで熱を
加え、余分な水分を飛ばし、旨みを凝縮させる・・ よくある焼き鳥
みたいに串の先が焼け焦げてるなんて事がないんです!
コゲの香ばしさありき、ではなく「焼き」の結果としてコゲもある、的な
旨く言えないですが、「外側カリッと中はレア」というのとは根本的に
違う感覚なのではないでしょうか?肉が焼かれてるのに気付かない
うちに火を通す・・みたいな。 誰か的確に表現できないかな?

この、エレガントな「焼き」だからこそ、ワインが合うんでしょうね。
値段は張りますが(¥12000位)店長☆は充分納得しましたよ。

by takupape4 | 2007-07-17 17:23 | ボス☆ライフ
2007年 07月 16日

日帰り東京出張! ルイ・ジャド セミナーに参加してきました☆

7月12日 浜松町の「インターコンチネンタルホテル東京ベイ」にて
ルイ・ジャド社のテイスティングセミナーがあり、店長☆参加してきました!
b0096052_0194963.jpg

東京湾を一望できる絶景の宴会場に100席オーバーのびっちり並んだ
会場に、プレスやら、業界、一般の方も詰め掛けてて、懐かしい顔も!

本日の講師はルイ・ジャド ボジョレー&マコネ地区の栽培及び醸造の
最高責任者であるギョーム・カステルノー氏でありました。
フランス軍の将校だったという経歴らしく、背筋のビシっとした方ですが、
フランス人らしく、音楽や人生にたとえて、ワインの解説をされました!

お隣の、本日の通訳は、日本リカーの伊藤さん!さすがの通訳でした!
伊藤さんは「ピッコラ」の有江ちゃんの結婚パーティーでも通訳&司会で
活躍したという、盛岡にも縁の深い方であります!

おっと、セミナーはジャドの所有する、世界最高のガメイと評価される
「シャトー・デ・ジャック」のムーランナヴァンを中心にテロワールの違い
ヴィンテージの違いをテイスティングしました。

興味深かったのは、石灰岩粘土質のブルゴーニュ=ピノ・ノワールに対し、
火山性の花崗岩質であるボジョレー=ガメイ のあり方の違いや、 

春分→夏至→秋分→冬至 という太陽と天体の動きにあわせて
目覚め→成長→子孫を残し→眠る サイクルで生きている葡萄があり、
化学肥料によって成長期が伸びたりするとその他のサイクルがズレ
眠るべき時に眠れなかった葡萄は、次のシーズンに体調を崩す。

等など、現場で葡萄を見つめている人ならではのコメントが貴重でした。

2時間のセミナーでしたが、伊藤さんの的確な通訳で普段の倍ぐらい
中身が濃かったですね、ワインセミナーの通訳はほんと重要です!

その後、この11月に入荷予定の1997ヴィンテージのワインを試飲。
ルイ・ジャドのバックヴィンテージは貴重なので真っ先に!
1997年を色濃く反映するワインが多い中、ポマールの1級が
すばらしいワインでした。 まだまだ将来のある果実味は張りがあり、
10年を経過した熟成味が背景にあってバランスが良いこと!
思わず予約してきましたので入荷をお楽しみに!!
 

by takupape4 | 2007-07-16 01:06 | ボス☆ライフ
2007年 05月 29日

御所湖広域公園へ

昨日の休日、1年で何回あるかの素晴らしい天気に誘われて
幼稚園の終わったかのちゃんを連れて御所湖の公園へ!
b0096052_163233100.jpg
b0096052_1632513.jpg
b0096052_16331056.jpg

またまた貴重な光合成を!
かのちゃんも水遊びにボール遊びで楽しそうでした☆
(あんなに早く走れるなんて・・ 知らんかった。感激!)
夜はヌッフで。かのちゃんはそうとうお腹がすいていたのか、
一人でピザをほとんど食べてました・・ メタボ心配。
親子共々、バタンキューな休日でした。

by takupape4 | 2007-05-29 16:47 | ボス☆ライフ
2006年 09月 07日

朝から TAKUYA先生に 噛み切って・・・ 

b0096052_0102481.jpg

       TAKAHASHI TAKUYA
この方、以前もご紹介した 店長☆のヘアスタイリスト様! 今朝も髪切ってもらいました。 9時半に予約してたのに目覚めたのが9時15分! 「9時半は無謀だよな~」思わず笑いながら家を飛び出したら ひぇ~~ もう寒いね!

TAKUYA先生の腕前に、伸びまくりで 寝グセでバッタバタの髪もすっきり! 毎度感心しますが、 絶対自分で再現できないんだよね~ このセット。  一応教えてもらうんですが、いっつもうまくいかんネ ワックスってやつは。

こんな男前のTAKUYA先生、前回のブログ登場で人気爆発!予約の取れない美容師にランク・イン!の予定だったのですが・・・ まだ火はつかないか! お姉さま方、ぜひ一度お試し下さい! 店長☆保証の腕前にきっとご満足いただけますから!

・・・・  リヴ・ゴーシュ   ℡ 0120-018551 

なあ、拓也 これでもダメなら ヌッフに帰って来い!ま、その前にOOO な。

さ~て 腹も減ったし 紺屋町まで来たことだし、お昼は 「まめキッチン」!
ついに登場!巷で噂の 「まめキッチン」 ・・・ 次回更新まで待たれよ!
 
(って、その次回更新が 一番の問題だろ な。 今やっとけよ)

   いや、もう無理。 今日は眠い・・ なんせ9時半・・・

by takupape4 | 2006-09-07 00:53 | ボス☆ライフ