ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 18日

ドメーヌ・シュブロ かおりさんから年賀状が

ヌッフで昨年春に「サクラロゼ」というブルゴーニュ産の可憐な
ロゼワインのキャンペーンをしておりました。 覚えてますか?
その「サクラロゼ」の造り手、ドメーヌが「シュブロ」なんです。
b0096052_239260.jpg


シュブロ家は1798年よりブルゴーニュはマランジェ村にて
ワインを造り始めたという典型的なワイン農家。

2003年、このシュブロ家の跡取りであるパブロ君のもとに
客室乗務員から転身、ボルドー大学で醸造学を学んだという才媛、
かおりさんが嫁ぐのです。 この若夫婦がドメーヌをきりもりし始めると、
その誠実な酒質のワインは評判となり、日本でも注目されるように!
b0096052_235534.jpg


2005年、当時フランス修行中だったヌッフのカジソムリエも
このドメーヌを訪問して、テイスティングしたそうです! さすがやね。

さて、去年の2006年、日本の桜にインスパイアされた
「サクラロゼ」が誕生!
b0096052_0141977.jpg


「桜が一面に咲き誇る、その桜の下で、桜色に輝くロゼワイン
 を楽しめたらなんて素敵なことかしら!」

そんな かおりさんの思いを夫君パブロが実現したのですと

「けっ、そんなオノロケ話に付き合ってられっか~」

と思てた店長☆ですが、飲んだら出来の良さにびつくり☆ 思う壺。

追加、追加で 3ケース位、うっかり売っちゃいましたね~。

今年も桜の季節に、マランジェ村からラブラブ夫婦の作品が
届くのでしょう・・ 美味しかったらまたうっかり売っちゃうのかな?

2007年、雪のない盛岡・・ 地球の変化に将来に不安がよぎりますが
まさに自然を相手に生きている、マランジェ村のシュブロ家の皆様に
とりまして、良き一年となりますように。

by takupape4 | 2007-01-18 00:25 | ヌッフのイベント


<< 非売品! ホロ○○鳥の白レバー      チョコスタ登場! >>