ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 13日

千夜千本  003 チャリバにて ドゥブル

b0096052_14174479.jpg

DUBL VINO SPUMANTE FALANGHINA METODO CLASSICO
ドゥブル・・ 
南イタリアでNo.1の造り手である「フェウディ・ディ・サングレゴリオ」が
シャンパーニュで今、最も注目を集める「ジャック・セロス」の当主、アンセルム・セロスの心を動かして実現した奇跡的なコラボレーション!

アンセルムは「私はシャンパーニュを造っているのではない、偉大なるブルゴーニュワインに少しだけ泡を加えたいだけだ」という考えの人で

「カンパーニャの土着品種で素晴らしいスパークリングを造りたい」と願っていたサングレゴリオの考えに共鳴したのだと

この2人の思いが、このドゥブルというスパークリングになったのです!

なんとも美しい話です。話だけじゃどうもならん! で、飲みます。

イエローの強い黄金色、照明を受けてキラキラと輝く。綺麗です。

ファランギーナの果実味がはっきりと出て、カリンをはじめ、パイナップル、コンフィチュールのようなヴォリュームのある香りが立ち上がる
シャンパーニュ製法ですが、おそらく気圧は低いと思われます、ガスの強いのが苦手な伊東はほっとします。この若干のガス圧の低さが余計に果実味を際立たせているように思えます。
さすがです。

味わいもしっかりしてますが重たさを感じさせない絶妙な塩梅!
ミネラルもくっきりしてます
冷やし過ぎず温度も高め。10度スタート位で行きたいですね、
フルートグラスではなく、大ぶりのワイングラスで良いのでは。

合わせる料理は魚貝というよりは肉系・・ サラミ、パテ・・
チャリバでなら「軽く炙った前沢牛のタルタル」がベスト!個人的には敢えて「卵黄抜き」にして、ねっとりさせずにモロモロっとした食感でどうでしょう!スパイス増量で!

ドゥブル・・・
素晴らしい存在感。ボトルデザインも際立ってます!
「スプマンテの未来形」の言葉がピッタリですね。
b0096052_14175631.jpg


by takupape4 | 2009-12-13 14:18 | ボス☆ライフ


<< 熊・・ メニューに出没注意!      やばい・・  面白すぎ・・  >>