ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 12日

藁(わら)で燻したカツオ! ついに近づいた!

b0096052_112042.jpg

いわゆるところ 「カツオのたたき」 なのです

藁を燃やした火で炙ると良い! という話はご存知だと思います。
けど
「さわだ」や「次郎」で食べたカツオにびっくりしたんです!

「たたき」じゃなくて「燻し」なんです。 もう、スモーク状態。

全く違う概念  全く違う外観  

皮目が真っ黒な物体をネタ箱から取り出して、切りつけ始めたときは
「なんじゃアレ?」的な衝撃でした

ツケ場に漂う燻製香・・ スモークネタ?
え~カツオだ! あ”~~ウマイ。

(カツオってね 正直 好みでは無かったんですが・・) 

口の中には高濃度の燻香が満ちているのですが、噛み締めるほどに
煙の中から、カツオの、赤身の、赤身が凝縮した果実が、現れる。

その対比がまた鮮烈で・・ 衝撃でした。  赤と黒。

近頃のスモーク製品は軽めの 瞬間燻製的 ヤワな現代風ばかりが
横行してますが、 あの握りは そんな腰ヌケじゃなかった。

カツオの身の力を信じてこそ 見抜いてこそ のあの表現!

いつかは近づきたい と
この夏ぐらいから試行錯誤してきたのですが、
どうも「たたき」の領域を出れなくて

でも今日!ついにコウちゃんが今までの感覚を打破しました。

全く同じ、とは言いませんが、感覚が繋がったという ね。

藁の調達先は・・
寿司用の米は、コウちゃんの親戚が太田で作っている「ひとめぼれ」
その米の稲藁をもらって来て乾燥させたものです。

楽しみが又増えました。
クーの名物になればいいな。

by takupape4 | 2009-12-12 01:51 | Qeue de Neuf クードヌッフ


<< 氷見の寒ブリ 6.8K 届きました!      忘年会!盛り上がってます! >>