ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 05日

ふじこ  って・・ 何?

先ずは写真である
b0096052_036957.jpg

本日の築地「フジタ便」の伝票に「ふじこ」の名前が・・
どれのことを言ってるのか皆目判らず・・ 消去法で
するとこんな生命体が・・ なまこじゃねえの?


必死にパソコンで検索。手がかりは「ふじこ」と「厚岸」のキーワードのみ
ついにたどり着いたのが このページ
お宝ブランドコーナーに「噴火湾産ボイルふじこ」とある!
(ぜひクリックしてPDFファイルをご覧下さい)

どうやらナマコではなくキンコ=金海鼠の一種なのだそうだ!
「ふじこ」「ふぢこ」「ふじこなまこ」・・ なのだそうだ。

いつも思う。 海鼠類を最初に食べた人にノーベル賞を!
敬愛する開高翁曰く
「新しい味覚の発見は新しい天体の発見に等しい」 と 
まさにそのとおり

では早速! 食そう!
b0096052_0593883.jpg

これはPDFファイルにあるように茹でて、刻んで、めんつゆ
うーん、食べ易いけどボケてる
b0096052_0595129.jpg

こちらはポン酢で!
うん!こちらはイイかも! 甘味も感じる。 
それにしてもナマコとは全く別物。 皮?身?も薄いのでゴリゴリではなく
歯応えは軽快、黄金色の肝(おそらくこれで金海鼠なのか?)がたっぷり
旨味、甘味を秘めていて、酒のアテとしては素晴らしい!

おかげで、お湯呑みでクイクイとはかどる。 困ったもんだ!

困っているとコウちゃんが一品
b0096052_1102028.jpg

小才ふぐという小型のフグの身をおろしてボイル
それにあわせてあるのが
なんと!アン肝を練りこんだ味噌なのである!

これがまた 絶 の 品 なのだ

ぷりりん!と弾力が 堪えきれない柔肌フグに
ぼってりと まとわり付いた味噌!

西京味噌の上品な甘味に、アン肝の魔味が宿って これが・・
舌をつかんで離さない!

さらに湯呑みが空になる! 困った困った・・

一人で困っていてはラチがあきません・・
謎の「ふじこ」 が美酒とともにクードヌッフで待っております。

by takupape4 | 2009-12-05 01:10 | Qeue de Neuf クードヌッフ


<< SASAKEI NOW!      夜中にドキリ >>