ヌッフデュパプのボス・ブログ

takupape.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 12日

昨年、11月のこと!岩泉へ「山わさび」を採りに

半年近く前の出来事です。

昨年の11月12日、そろそろ山も雪が降り出しそうな頃、
山の達人;工藤定男さんから電話が、

「拓郎さんに、見せたいものがあるんです、秘密の斜面にぶわ~って、
 ものっすごい数の山わさびが生えてる場所があるんだけど来ます?」

そりゃもうもう さっそく出かけました。
b0096052_16225662.jpg
秋晴れの日(オレ様、ホント晴れ男!)カジさんBMWで岩泉へ!
b0096052_16238100.jpg
新設されたトンネルをかっ飛んで行きます!
b0096052_16232242.jpg
定男さんのお宅でお茶っこをいただいて早速、色づいた山へと
b0096052_16233413.jpg
林道から外れ、山道をわけ入って・・
b0096052_16235765.jpg
車を下りて、いよいよ沢へ下りて行くんですが、ここがポイントではなく。 ここから急斜面を沢伝いにががが~と上がっていくんです・・すたすたと登って行く定男さんに追い付くのに必死!
だんだん足が上がらなくなってきて、木の根っこやら、沢の岩につまづいて・・ ももがつってきた・・ ヤバイ 
「さ、定男さん!ちょっと一休み、 定男さん、もう無理!!」
「拓郎さん、着きました!ここです」 ふぃ~~っ 泣きが入るとこでした・・
b0096052_16243623.jpg
「着いたよ」の声に、はっと顔をあげると、沢沿いに一面わさびが!
関東でワサビといえば、御殿場や、伊豆の清流をせき止めて山葵田を
作るように、水辺もしくは浅場に生育するものと思ってあったのですが、
そうではなく、岸辺や、岩場の薄い表土の上にしがみつくように根を張り、
短く、細く、節くれだっておりました。
それこそ御殿場モノの立派な姿とは異なるので、こんなものかと思いきや、
崖側の斜面に目をやると、落葉樹の落ち葉の堆積した腐葉土の斜面に
びっしりと群生してるじゃないですか!土壌が柔軟なだけに、ぐいっと
指を差し入れて、根本を探り、太さを確認して引き抜けば、
立派なワサビとご対面!というわけです!
この法則を知ってから、面白いように採れ出しました!
b0096052_16245122.jpg

定男さんによる山わさびの解説 (youtube へ)
b0096052_1625196.jpg
収穫は楽しいものです!
b0096052_16251012.jpg
カジさんも生き生きと活性化されてます!山セラピーですね。
b0096052_16251986.jpg
ずっしりと30キロの収穫を提げ、下山します。下りってのも下半身にきますね・・・。膝が笑って・・
b0096052_1625283.jpg
陽の暮れゆく山を後にして
b0096052_16253891.jpg
また、定男さん宅で。帰りは酒っこに、うどんまでごちそうになって・・ 
奥様、お手間取らせました。
b0096052_2349996.jpg
この花は私です・・ (ウソつけ!オマエはもっとクドイだろが!)
これは一昨日の店長宅のプランターの写真です。そうです、↑この時に
採ってきた山ワサビの一部を鹿沼土の中に移植していたものです。

冬を越すのさえ半信半疑でしたが、花をつけたのには倍ビックリ!!
うっとり眺めていたのですが、花を着けると根が痩せるよ と聞いて
速攻、摘み取りました。先週末ヌッフやクーで刺身の皿を飾って
いたのはこのワサビの花でした。

可憐でありながら、凛とした姿には惚れ惚れとします。
こんな風に、しっかと根を張りたいものです!!

by takupape4 | 2009-04-12 16:24 | ボス☆ライフ


<< 蜷川実花 展      4月20日(月) 臨時休業日と... >>